GISELe

2020/09/11

覗きたくなる「ヘアメイクのバッグの中身」|プロに選びぬかれたコスメを公開

GISELe編集部

「プロを支える現場コスメ」

「服に合う」がすべてではない。あらゆる要望に応じるべく、試行錯誤を重ねたプロの仕事道具から得られる学びは多い。

バッグの中身一覧はこちら


AKEMI KIBE


木部明美
さん

トレンドをほどよくメイクに落とし込んだキャッチーなオシャレ顔づくりの名手。インスピレーションを重視する感性の人らしく、仕事道具もカラフルな彩りにあふれている。


DATA

MAIN :

フィレンツェ出張時に購入したリモワのトランクプラス。直角に開いて自立する四角柱型なので、狭い場所でのメイクにも対応がスムーズです。リペアやメンテナンスに出すとき用に、リモワをもう1台所持。


SUB :

修理するたび愛着が増すグローブ・トロッターの13インチヴァニティは愛用歴10年以上。1軍コスメを収納して、真っ先に手にとれる仕様に。


POINT :
海外での購入品やオーダーメイド品多数。くすっと笑みがこぼれるゆるいキャラものや温度調整用のブランケットなど、モデルのマインドに寄り添うものも多く、人柄がうかがえる。

LIP COLOR...134本
EYE COLOR...88個
MAKE-UP BRUSH...44本
NAIL POLISH...49本


CREDIT: Design_Fuka Okamura(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya