GISELe

2020/09/15

シンプルでスタイルよく見える「Iライン」シルエットアイテム4選

GISELe編集部

「最小限と再攻略」


day 3
「予定のない日のセットアップ」
きっちり着ようと思えばどこまででもいけるジャケットのセットアップ。でももっとシンプルで、ラクに見せたいから、凹凸なくフラットなシルエットを貫いて正解。

リラックスムードを高めるために小物の抜け感も忘れずに
ジャケット(ベルトつき) 22,728円+税、キャミソールワンピース 17,273円+税/ともにCOS(COS 銀座店) ピアス 2,500円+税/AKTE バッグ 12,000円+税/anisotea(キャセリーニ) パンプス 6,400円+税/RANDA 色みをそろえたフラットシューズとバッグは、やわらかな素材も「抜け感」が出るポイント。ノーカラーなら、縦の流れが強調され、よりスマートに。


day 4
「やさしい色にゆだねたい日」
引き続き気分の「あいまい色」。落ち感を含んだ素材とフォルムだけで端正に。ペールカラー=どこかを引き締めることにとらわれていた発想にひとまず終止符を。

メリハリを効かせなくてもIラインのキレでシャープに整う
カットソー 16,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) ニットスカート 32,000円+税/ハクジ(ブランドニュース) ローファー 14,900円+税/A de Vivre とくにメリハリをつけず、ストンとシンプルに着てもぼやけないのがIライン。足元もフラットかつスカートと同系色のローファーでなじませて、徹底して「はみ出さない」。
CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN・model), Yusuke Raika(aosora・model), Koichi Sakata(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Alisa, Diana Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Text_Yuko Takizawa Composition&Tex