GISELe

2020/09/21

イメージと違うから着こなしに「むしろ好都合」なアイテム5選

GISELe編集部

「最小限と再攻略」


Navy Overalls
「サロペットなのに幼くない」
ネイビーの知性を味方に。黒でも白でも、ニュアンスカラーでも出せない、いい意味でのコンサバ具合がカジュアルなオーバーオールには好都合。

オーバーオール 34,000円+税/Yarmo(グラストンベリー ショールーム) カットソー 2,490円(税込み)/Gap(Gap新宿フラッグス店) パンプス 32,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) トップスも同色にまとめ、まるでそでありのオールインワンのように見せることで、幼さがより軽減されてシックなたたずまいに。


Half Sleeves Jacket
「ジャケットなのに遊びがある」
むしろ「ふつう」はもういらなくて、でもやっぱり飽きずに使いたいから、こんな半そで。ある日はトップス感覚で主役に。またある日はカーディガンのようにも立ち回れる多彩さで。

ジャケット 28,000円+税/エトレトウキョウ 中に着たキャミソール 6,500円+税/PUBLIC TOKYO(パブリックトウキョウ 渋谷店) スカート 25,000円+税/FLORENT ブーツ 37,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa 遊びのあるジャケットを、あえてトラッドに着て。コーディネートも「どっちつかず」なバランスが正解。


Layered-like Shirt
「1枚なのに2枚にも見える」
レイヤードしているように見えて、実は1枚。気分やスタイルに合わせてアレンジが楽しめて、「シンプル」がもの足りない日にも打ってつけの即戦力。

シャツ 47,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 渋谷パルコ2F) デニムパンツ 19,000円+税/エディット フォー ルル 前と後ろ身頃の間に、もう1枚身頃をつけた3枚仕立て。中間の身頃に体を通すと、すそドローストリング仕様のショート丈シャツの中に、もう1枚レイヤードしているように見える複雑さ。
CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN・model), Yusuke Raika(aosora・model), Koichi Sakata(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Alisa, Diana Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Text_Yuko Takizawa Composition&Tex