GISELe

2020/10/02

デニムが好きな6つの言葉|今までどおりではない「特別」な着こなしとは?

GISELe編集部

「だから・それでも・それならデニム」

合わせるものをえり好みしないデニムが、今もっとも好きな言葉は?その力を遠慮なく発揮できる6つの言葉を用いて、変革していくこれからのデニムの方向性をリサーチ。

デニムが好きな6つの言葉【画像一覧】

「だから・それでも・それならデニム」

季節も問わず・テイストも問わず・時代も男女も問わない。
そんな言葉を並べたときにパッと思いつく服を挙げるなら、まちがいなく、
上位に入ってくるアイテム=デニム。ひとえにデニムといっても、千差万別・十人十色。
どんなデニムを選ぶかで、その人のオシャレの傾向も見えてくる、
いわば「自分らしさ」を投影するアイテム。
日常と非日常を行き来するバランス感覚、必要に応じてくれる懐の深さ。
合わせる服をあまりえり好みしないデニムだからこそ、
細み合わせにも選択と集中を。楽しい足し算・キレイな引き算。
したいことをどんどん試せる気分転換の主軸として、今また注目されるデニムを、
今までどおりではない「特別な服」として、あらためて迎え入れたい。

白Tシャツ 3,000円+税/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) デニムパンツ 18,000円+税/リーバイス® オーソライズド ビンテージ(リーバイ・ストラウス ジャパン) ドットスカーフ/スタイリスト私物


CHANGE OF PACE
デニム「だから」わがままが通る
Tomorrow is another day
「なるようになる」

シンプルな白とデニムという、究極に引いた組み合わせから、小物やアクセ、はおりなど、その時々の、気分と好みで盛っていくという楽しさ。説明不要の、そんなデニムの調整力に頼って「わがまま」な足し算を楽しみながらワードローブ計画を再始動。

赤の色リンクや小物でぬくもりと強さ。
ルールにとらわれない発想で個性を
ブルーカットオフデニムパンツ 13,000円+税/スピック&スパン(スピック&スパン ルミネ新宿店) 刺しゅうロゴTシャツ 11,000円+税/ロンハーマン 肩がけした赤カーディガン 15,000円+税/デミルクス ビームス(デミルクス ビームス 新宿) 眼鏡 18,000円+税/A.D.S.R.(4K) パールピアス 33,000円+税、ダイヤブレスレット 255,000円+税/ともにカドー(カドー伊勢丹新宿店) ゴールドネックレス 178,000円+税、ネックレス 64,000円+税/ともにGIGI(ホワイトオフィス) ボア巾着バッグ 67,000円+税/A.P.C.(アー・ペー・セー カスタマーサービス) パイソンスクエアトゥパンプス 26,000円+税/カルチェグラム(デュプレックス)

CREDIT: Photography_Fumi Kikuchi(impress+) Styling_Yasuko Ishizeki Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Alisa Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Tomoyuki Kaneyama

RECOMMENDED