GISELe

2020/10/16

「薄手ニット」があるといい理由|ワードローブにもたらす効果とは?

GISELe編集部

「サマーニット」が解決する問題


04
素材自体はカジュアルだから
>> 気張らずかなう「ドレスアップ」

一見華やかな色やアイテムを使ったスタイリングも、親しみやすいルックスを味方につけて日常化。特別感が加わることで、ニット自体のラフさも軽減。


J : SET-UP
「かっちりコーデのハズし役」
フォーマル感が強い、ハンサムなジャケットのセットアップにほっこりとしたチェック柄バッグがチャーミングなアクセント。マニッシュになりすぎず、かわいげのあるバランスが完成。

ベージュリネンジャケット 6,980円+税、ベージュリネンハーフパンツ 4,980円+税/ともにSTYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) 白スクエアネックボディスーツ(オンライン限定) 2,490円+税/Gap(Gap新宿フラッグス店) 眼鏡 38,000円+税/EYEVAN 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) チェックビッグバッグ 26,000円+税/ミカデラヴァッレ(フレームワーク ルミネ新宿店) ベージュパンプス 32,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ)


K : VIVID RED
「赤の強さをやさしくトーンダウン」
高発色なアイテムを臆することなくとり入れられるのもニットの強み。鮮やかな赤がマイルドに見え、なじみ深いデニムをちょうどいい女らしさに誘導。

赤ニットトップス 2,600円+税/ROSELEAP デニムパンツ 19,000円+税/リーバイス® ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン) ショルダーつきバッグ 23,000円+税/DECKE(アイクエスト ショールーム) トングミュール 38,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) インパクトのある色だからこそ、デザインやシルエット自体はシンプルかつミニマルに徹して大人っぽさを意識。ひじ下くらいの長めのそで丈も赤を落ち着かせるポイント。


L : GLOSSY SKIRT
「光沢プリーツをカジュアルに転換」
ツヤめくスカートとは対照的な、かわいた質感を合わせてリラックス感のある装いに誘導。プリーツと同色の黒で引き締めて統一感を出せば、異素材でもちぐはぐに見えない。

リネンコットンノースリトップス 16,000円+税/ソブ(フィルム) 黒プリーツスカート 18,000円+税/UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ 渋谷店) 頭に巻いたスカーフ 27,000円+税/TOTEME(ザ ストア バイシー 代官山店) ショルダーバッグ 51,000円+税/A.P.C.(アー・ぺー・セー カスタマーサービス) 黒ミュール 9,800円+税/kiwi(ROSE BUD 新宿店) 気品漂うシックな配色。首つまり&ノースリーブで粗めの編みでもシャープ。
CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair & Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Baya Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Text_Marina Takasaki Composition_Miyuki Kikuchi