GISELe

2020/10/17

とっておきの「ワンピース」6選|お手頃だからデザインを素直に楽しめる

GISELe編集部

「気分とコストは反比例」

コストをおさえることが「それもいい」という幅をつくる最短ルート。ただやみくもに探すのではなく、コストをおさえることで「さらにいい」結果をもたらすアイテムのみを選抜。試したい色やデザインにも無理なく手が届く選択肢をご用意!

「ワンピース6選」の一覧

□特別な日をさらに盛り上げる
「とっておきのワンピース」

高まる気分を支えてくれる、飾り気のあるワンピース。コストをおさえるぶん、キレイ色や凝ったシルエットの、直感で惹かれたデザインを素直に楽しめる利点もアリ。


 SELECT 1 

「ゆるいAラインで強い赤をリラックス」

赤ワンピース 7,500円+税/JEANASIS(アダストリア) バッグ 9,800円+税/カカトゥ(アンビリオン) シューズ 5,500円+税/CHARLES & KEITH(CHARLES & KEITH JAPAN) ハリのある生地がきちんと感を演出。ややアシンメトリーのヘムラインでモードにシフト。


 SELECT 2 

「そでのふくらみがメリハリを生む一役」

ベージュボリュームスリーブワンピース 16,800円+税/メゾンスペシャル バッグ 6,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) サンダル 3,990円+税/MANGO(ロコンド) ティアードの切り替えデザインで淡いトーンの1枚系をリズミカルに。シャリ感のある素材が、ボリューミィなシルエットでも軽く見えるポイント。


 SELECT 3 

「かすれたブルーでラクして知的に」

ブルーロングワンピース 15,000円+税/RIM.ARK(バロックジャパンリミテッド) ブラウンシューズ 6,900円+税/RANDA カットソー素材のラフなワンピースも、くすんだブルーの渋い色みで上品。肩幅をごまかせるフレンチスリーブだから、体のきゃしゃ見せもかなう。

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Yuki Ueda(still) Styling_Natsuko Deguchi Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Alisa, Diana Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige