GISELe

2020/10/28

そのシンプルさで満足? 簡単かつ即効性のあるスタイリングテク11選

GISELe編集部

かわいいを支える「おかたい理由」

体のラインをすっきり整えたり、ラクな服でもきちんと見せたり。体型やスタイリングがごまかしづらい、単純な着方がメインの今こそ、あらためてシンプルな服をバランスよく着る、確実性のある法則を見直し。
※この企画のコーディネートは、GISELeの過去の号で紹介したものです。

スタイリングテクを画像一覧でチェックする

「まとめ上手」になれるいろいろテクニック集

ベーシックな服の感度を上げる+1のアイテムや、個性的な服をシックに整える組み合わせの方法など。シンプルな装いをさらにレベルアップする、簡単かつ即効性のあるテクニックをご紹介。


BLACK and BLACK

「ラフなボトムをミニマムな黒ではさむ」

色落ちデニムやチノパンなど、カジュアルなボトムが知的に整うトップスと靴の黒リンク。上半身はコンパクトに、足元はシャープに。色以外にも引き締め力をそなえた黒ならベスト。


ONE-PIECE

「ワンピの飾りに特徴のあるスカート」

着慣れた黒のロングワンピの気分転換にプリーツスカートをレイヤード。少量のぞくだけだから、プリーツのほか強い色やドレッシーな素材などやや主張のあるスカートを試すのも手。


BRIGHT COLOR

「あいまいなベージュと派手なピンク」

たとえばベージュと白の淡いトーン。広い意味で「暖色」で共通したピンクの小物なら、高発色でもちぐはぐにならないスパイスに。かごバッグなど、ナチュラルな素材なら強すぎない。


MONOTONE

「着たい形はモノトーンから」

変わったフォルムのスカートなど、やや難易度の高いものは、落ち着く黒と白で始めるのが基本。プレーンな白Tで支えれば、統一感に加えて、気楽なムードのまま新しさにも手を出せる。

CREDIT: Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige, Yuko Igarashi