GISELe

2020/11/20

スタイリスト聞き込み調査 「ブラウン・ベージュだからできること」18選

GISELe編集部

「ブラウン・ベージュだからできる」まとめ



「ニットパンツでもまじめぶれる」
お出かけ着としてニットをはきたいとき。重厚なブラウンならちゃんとして見えるからいい。太すぎず細すぎないすそ&縦感が出るリブだとスタイルもよく見えます。(樋口さん)



「総柄=ウールのブラウンが簡単」
やさしい色みにウールならではのソフトな風合いが相まって、ボリュームのある柄スカートも難しく見えない。合わせには黒を選ぶと、ほっこり感も難なく解消。(石関さん)



「季節をつなぐ茶色のビーサン」
まだ暑い日が続くけれど、秋服も気になるどっちつかずな時季にちょうどいい、渋い色のヌーディな足元。ボトムと色をそろえると異なる季節感もうまくまとまります。(樋口さん)



「まだまだ白シャツを着たいなら」
タートルをのぞかせるだけで、さわやかな白シャツも秋っぽく。肌なじみのいい茶系だと定番の黒よりコントラストがつきすぎず、白シャツ自体もやさしい印象に。(樋口さん)

CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Diana Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi