GISELe

2020/11/18

黒ニットの正解アイテム9選|頼れる1枚を見つける3つの選択基準とは?

GISELe編集部

メリットだらけの「ザ・シンプルニット」

秋冬こそバランスのとりやすい頼れる色=黒。頼れる1枚を再び見つけるべく、1枚でもアウターを重ねても着ぶくれしない厳選された秀作を、3タイプの選択基準にひっかけてご紹介。

【画像一覧】すべての黒ニットはこちら

BLACK-RIB
重ねて着ることを見越して
「ドライな質感」

TODAYFUL

ザラつく質感でもたつき知らず

モックネックリブニット 13,400円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) サイドに縫い目がないので、体にフィットしても心地よく着られる。低めのモックネックでフェイスラインもシャープに。
STYLIST >>
シャツの下でも締め役として使えるロングスリーブ&ハイネック


Mila Owen

ほんのり鎖骨がのぞく絶妙な開き加減

ボートネックリブニット 6,300円+税/ミラ オーウェン ネックラインが横に広く開くことで、肩幅をごまかす効果が。すそのサイドスリットがあるためおなかまわりもピタッとしすぎない。


TOMORROWLAND collection

ワイドなリブ幅で肉感を拾いづらい

リブニット 26,000円+税/TOMORROWLAND collection(TOMORROWLAND) イタリア製ウールシルクで肌ざわり抜群。シルク混なので表面にほどよいツヤが生まれ、さらに上品な印象に。

CREDIT: Photography_Yuki Ueda Styling_Natsuko Deguchi Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Text_Yuko Igarashi Composition_Mika Shirahige