GISELe

2020/11/17

シンプルな服がおしゃれな8人に聞いた|今のヘアスタイルに見直した理由

GISELe編集部

「ヘアの見直し」

コーディネートにおけるヘアの役割は大きい。服やメイクのように毎日コロコロ変えられるものではないからこそ、「服はそのまま、着方を変える」ように、ヘアにおける再構築のパターンも多く持っていたほうがいい。
※クレジット掲載のないアイテムは本人私物です。場合により、すでに販売が終了している可能性があります。

【画像一覧】すべてのヘアアレンジはこちら

HAIR COLOR, BANGS, and more
「見直す」ことでいい影響
今の髪型に変えた理由やタイミング、それによってもたらされた、プラスの効果にフォーカス。シンプルな服の組み合わせを好む人ほど、ヘアに求めるこだわりは強い。


BANGS

1.「前髪がある」ことで

RUMIさん
Rulaヘアスタイリスト
@ru0711
眉上の厚めの前髪に変えたことで、シンプルなファッションでもひっかかりができ、ワンピースもフレンチシックに仕上がるようになり、気に入っています。しっかり強めのアイラインも難なくハマります。


HIGH TONE COLOR

2. 顔まわりに明るさを加算

笹岡莉紗さん
ROSE BUD プレス
@sasarisa0110
リップやチークで変化をつけられない時期がまだ続きそうなので、顔まわりで明るい印象にできるフェイスフレーミングハイライトにチャレンジ。ダウンとアップで表情が変わるところもお気に入りです。クセ毛を生かして束感をつくれるクールグリースGを愛用中。


3. 外国人の子どものように

NANAEさん
merry shibuya ヘアスタイリスト
@nanae1109
外国人の子どものようなブロンドを意識して少しずつ色みを変えています。服で色を使うときはメイクをおさえぎみに、モノトーンには強めのメイクをすると髪色に釣り合います。スタイリング、ケアともにオーガニックのオイル(〈左〉OLAPLEX No.7 ・〈右〉O oil)で。

CREDIT: Photography_Yuki Ueda(sill) Cooperation_AFLO Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya