GISELe

2020/11/21

井原葵がモデル|ナチュラルメイクを「シンプル以上」に変えるコスメ5選

GISELe編集部

黒・ブラウンの「延長で」

黒のマスカラやブラウンのアイシャドウなど、慣れ親しんだ「目元まわりの2色」と距離を置き、彩度を上げて起こる「いい結果」を再定義。重さと軽さの均衡がカラーメイクの肝というヘア&メイク・岡田知子さんの解説とともに、黒やブラウン感覚でこなせる色と活用術をナビゲート。
※価格表記のないものは本人私物です。

【画像一覧】すべてのコスメ&メイクテクをチェック


FADE ORANGE
ブラウン感覚で「シンプル以上」

落ち着くブラウンからトーンUPしたオレンジ系は、「ナチュラルメイクの範囲内」で気軽に手が伸びる存在。肌なじみのよさを味方に、ひとクセつけた質感でクールに着地。


- SELECT POINT -
□「ひかえめなのに攻めている」マットな質感
□派手にしたいわけじゃないから、単色づかい

1.シングルアイシャドー 5352 2,500円+税/NARS JAPAN インパクトのある鮮やかなオレンジ。 02.ルナソル シークレットシェイパーフォーアイズ 01 2,800円+税/カネボウ化粧品 パールのツヤがひそむビターオレンジ。まつ毛の間やインラインにもするする描ける。 03.フラワーダスト アイシャドウ 03 2,900円+税/トーン れんが色のきらめきで、ラメにありがちなコンサバ感を払拭。 04.アイグロウ ジェム BR300 2,700円+税/コスメデコルテ 湿度を感じさせる女っぽいマット。 05.パウダー キス アイシャドウ ストライク ア ポーズ 2,900円+税/M・A・C ふんわり色づくマット。オレンジとピンクが合わさったような色み。

CREDIT: Photography_Yuya Shimahara(model),Yuki Ueda(still) Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Styling_Chisato Takagi Model_Aoi Ihara Design_Sayaka Tanaka(Ma-hGra) Text_Riho Nawa Composition_Wakana Akiya