GISELe

2020/11/21

井原葵がモデル|ナチュラルメイクを「シンプル以上」に変えるコスメ5選

GISELe編集部

黒・ブラウンの「延長で」


03 / EYE AND EYEBROW
USE : 4
「おさめる役割のワントーン」

眉骨の高さまで大胆に広げたアイシャドウと眉の赤みをリンク。色を楽しみながらも派手に転ばず、まとまりと軽さが生まれて、むしろ落ち着く。


HOW TO…
眉骨の位置まで4をON。指でなじませたら、肌の内側からじんわりと発色するような赤みが実現。アイブロウも4の色に近づけ一体感を出すのがベター。全体が平たんに見えないよう、ツヤありチークの光で抑揚づけ。

POINT
存在感を目から上に集約したので、くずしたヘアや飾らないシンプル服が合う。全体を見て軸と余白の調和がとれていることが大切です(岡田さん)
白スエット 27,000円+税/ヴィンス(Vince 表参道店) ゴールドピアス 24,000円+税/ROMANIN(フィルグ ショールーム)

CREDIT: Photography_Yuya Shimahara(model),Yuki Ueda(still) Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Styling_Chisato Takagi Model_Aoi Ihara Design_Sayaka Tanaka(Ma-hGra) Text_Riho Nawa Composition_Wakana Akiya