GISELe

2020/11/08

アイメイクは「仕上げすぎない」|ほどよい「隙き」をつくるコツ

GISELe編集部

黒・ブラウンの「延長で」


02 / EYEBROW
「化粧感を抜くための眉」

やさしくヘルシーな印象を与える平行眉は、「力を入れた」カラーメイクをゆるめる手立てとして効果的。透明マスカラでツヤを仕込んだら存在感がありながらも、軽やかなアイブロウが完成。カラーレスですが、ツヤがあるとないとでは全然違う(岡田さん)


ロゴTシャツ 11,000円+税/A.P.C.(アー・ぺー・セー カスタマーサービス) 肩にかけたブルーグレーニット 8,990円+税(10月発売予定)/プラステ ゴールドピアス 24,000円+税/ROMANIN(フィルグ ショールーム)

&be アイブロウマスカラ クリア 1,300円+税/Clue 適度な粘りのあるマスカラ液が眉毛一本一本に密着し、毛流れを整える。

POINT
眉頭から眉尻にかけて丁寧にジグザグ塗り。平行を目指すことでカジュアル度が増し、女らしいメイクアップも気張って見えにくい。

CREDIT: Photography_Yuya Shimahara(model),Yuki Ueda(still) Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Styling_Chisato Takagi Model_Aoi Ihara Design_Sayaka Tanaka(Ma-hGra) Text_Riho Nawa Composition_Wakana Akiya