GISELe

2020/11/14

「今着たい服」を導くキーワードとは?|ときには矛盾も必要

GISELe編集部

「組み合わせをデザインする」

ひと目でほれた服も、よく着る服も、着てみたい服も。解決策を考えることも楽しい組み合わせのバランス。「何と何を・どこに何を・どことどこを」。考えるほど複雑に、そして無限にある組み合わせの考え方から、まちがいなく「しっくりくる」法則を編み出し、たとえば携帯+PC=スマートフォンというように、組み合わせることで「さらに」「それも」いいとなる応用法をたっぷりとご紹介。
ワンパターン・着ぶくれする・スタイルがよく見えない・考えたくない…ありがちな問題も組み合わせ自体の見直し、あるいは組み合わせによって解決していく実例集。パズルのピースを埋めていくように、その場所に合わないもの=結果「何が不要か」もおのずと見えてくる。
流行やモノではなく自分らしい発想。それをデザインするのは、誰でもない自分自身。1つもいいけど、2つ以上がいいこと。ひとつひとつが持つ魅力を組み合わせることで最大限に引き出すヒントを、めいっぱいつめ込んでお届けするコーディネート・トレーニング。

【画像一覧】すべてのスタイリングをチェック

<矛盾した言葉で見えてくる>
「キレイを生む」言葉の配合

あれもいいけれど、これもいい。多くを求めるあまり、矛盾をはらむこともある理想の姿。溶け合う4色の中なら、ぶつかることなく、うれしい意外性として成立する。


MINIMAL BLACK
+
DRESSY WHITE
+
NEUTRAL WHITE
「攻めと守りとニュートラル」
気張ったブラウスとそれを支えるタートルネック。拮抗する白と黒を中和させるように、色も素材も穏やかなパンツを起用。ごくベーシックな黒小物をちりばめて、バランスの最終調整を。

白は強く、黒は冷静に。性格を逆転させたモノトーンの新境地
タートルネックニット16,000円+税/STUNNING LURE(スタニングルアー 新宿店) フリルブラウス 22,000円+税/ダリア(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) ウールパンツ(11月発売予定) 27,000円+税/nagonstans 黒スクエアトゥショートブーツ 10,000円+税/UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ 渋谷店) ベルト 9,000円+税/Martin Faizey(グラストンベリー ショールーム) フリルのそでからタイトな黒ニットがのぞく、腕さえも見逃せない奥行きのあるレイヤード。ニュートラルなスクエアトゥとセミマットな質感のレザーショートブーツは、たとえ黒でも白パンツから浮かずにフィット。


SOFT BLACK
+
AIRY BLACK
「黒はやさしくて軽妙な色」
着るというより、まとうという表現が似合う軽量なモヘアニットに、シャカシャカとしたナイロンスカート。意表をついた素材をかけ合わせることで、重いとされている黒はどこまでも軽くなれる。

ただ軽いだけじゃない。張り合いのあるスカートの効能
スカート 15,000円+税/AKTE モヘアニット(メンズ) 28,000円+税/BATONER ロングスリーブTシャツ 1,900円+税/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) ブラウンショートブーツ 8,900円+税/RANDA レオパード柄クラッチバッグ 53,000円+税/ア ヴァケーション(アマン) さらに軽さを生む白インナーをはさむひと手間も忘れずに。ブーツまで黒だとややストイック。黒同等の引き締め力を兼ね備えた、鋭いブラウンブーツなら、黒の持ち味をそこなうことなく親近感を含ませることも可能。

CREDIT: Photography_Masashi Ikuta (hannah) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa (mod’s hair) Model_Alisa Design_Yoshitatsu Yamaya (Ma-hGra) Composition&Text_Tomoyuki Kaneyama