GISELe

2020/11/28

レイヤード上手な「ふんふわニット」と白インナーの相愛関係12選

GISELe編集部

「ふんわり軽い」重ねるニット

アウターを着る・着ない日も膨脹して見えないあたたかさが必要。上や中に重ねてもかさばり知らずな、やや薄手の起毛ニットの出番。多彩なトップスと組み合わせて、レイヤード上手なふんわりニットをリサーチ。


すべてのスタイリングを【画像一覧】で見る



「白インナー+ふわふわ」の相愛関係
ふんわりした質感をやわらかく引き締める白トップスとの、まちがいなく整うセット。品よく愛らしいニットに、白の切れ味が入って起こるメリットとは?
着まわした白ニットスカート 34,000円+税/Theory(リンク・セオリー・ジャパン)


SELECT 1
「端正な白」で知性とかわいげを両立

ゆるくなりがちなニットを締める、シャツならではの清潔感とハンサムなたたずまい。テンションが真逆なぶん、ニットは白となじみのいい色選びが最適。


+ CLEAN WHITE

同色のレイヤードにも緩急がつく

白ニット(メンズ) 33,000円+税/ドレステリア(ドレステリア 二子玉川店) 白シャツ 19,000円+税/トラディショナル ウェザー ウェア(プラージュ 代官山店) 異なる質感で間のびをセーブ。


+ WARM BLUE

やさしげな寒色で適度に甘く

ライトブルー共布ベルトつきカーディガン 55,000円+税/ハクジ(ブランドニュース) 白シャツは着まわし。 淡いブルーとしっとりとした生地感が可憐。おかたい白の投入で日常に寄り添う華やかさに。


+ SHORT BROWN

濃いふわふわは短め丈でさっぱりと

ブラウンニット 34,000円+税/エンリカ(フラッパーズ) 白シャツは着まわし。 Vネックからのぞく肌感を隠すようにシャツをIN。そのハリ感によって知性が引き出され、大人な甘さが実現。

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Baya Design_Hana Nishimura(Ma-hGra) Text_Riho Nawa Composition&Text_Mika Shirahige