GISELe

2020/11/23

上品なグレーの着こなし6選|白を「白っぽいグレー」に変えるだけ

GISELe編集部

白のように「まろやかなグレー」

新たにベースカラーとして最も注目されているのがグレー。選ぶべきは白のような色みや、やさしい質感をまとったもの。「既存のベーシック+まろやかなグレー」でより上品に。

【画像一覧】すべてのスタイリングはこちら

PRACTICALLY
「白をグレーに変更すると…」

白+ベージュやモノトーン、オール白などの白とベーシックカラーの基本配色を、白から白っぽいグレーに変更。強さや配色の強弱による力みを中和し、穏やかな方向にイメージチェンジ。


01. DENIM & GRAY
デニムに「やさしく強弱をつける」
白の甘さと黒の落ち着きを兼ねたグレーのグラデーションでまろみのあるカジュアルに。肌感インナー&ニットカーディガンのインナーコンシャスな装いにもどことなく、きちんと感が漂う。

/ KEY-ITEM /
「グレーの厚みニットカーディガン」
>> 薄手や肌感トップスを大人に整える
グレーニットカーディガン 59,000円+税/SEEALL(フレームワーク ルミネ新宿店) グレータンクトップ 7,200円+税/ATON(ATON AOYAMA) グレーデニムパンツ 23,000円+税/STUNNING LURE(スタニングルアー 新宿店) 巾着バッグ 37,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) グレーパンプス 25,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa 厚手で目の粗い編み地。全体はゆるすぎず、多少のボリューム感をそでに持たせたハーフ丈。


02. BROWN & GRAY
「緊張感なくやさしいムード」
ビターなブラウン+クリーンな白をもう少し、やわらかく仕上げたいときは「白っぽいグレー」をキャスティング。幅広なニットパンツも白よりラフに見えず、暗色よりも重さが出ずという、中間色ならではの長所が生きる。

/ KEY-ITEM /
「グレーのニットワイドパンツ」
>> 暗色を軽く見せつつラクしてラフすぎない
ニット 16,800円+税/ELENDEEK グレーニットパンツ 29,000円+税/nagonstans ハット 53,000円+税/ブルックス ボズウェル(ドレステリア 新宿店) ピアス 13,500円+税/ジゼルベー(スローブ イエナ 自由が丘店) ペンダント 39,000円+税/TEMPLE OF THE SUN(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) リングハンドルバッグ 39,000円+税/オソイ(UTS PR) パンプス 54,000円+税/ネブローニ(フラッパーズ) すそを多少しぼったデザインのニットパンツ。

CREDIT: Photography_Fumi Kikuchi(impress+) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Alisa Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Tomoyuki Kaneyama

RECOMMENDED