GISELe

2020/11/24

レオパード柄が欲しくなる「品のよい着こなし」4選

GISELe編集部

「ちょうどいい」をデザインする

「やりすぎず、やらなすぎず」が、今っぽさをつくるバランス。そのさじ加減に優れたスタイリングを過去の号から抜粋。今すぐ応用できる「ちょうどいい」の理由をあらためて解説。
※掲載している写真はすべてGISELeのバックナンバーのものです。

【画像一覧】すべてのスタイリングはこちら

LEOPARD
「品のいいレオパード」

我の強いレオパード柄を品よく扱うには、柄の面積と形のよさにこだわることが大前提。洗練されたアイテムなら、装いも格上げされる。


A.「“足元に置くだけ”がコツ」
>> A LITTLE USE

シックな配色には、暗色の柄を少量さすだけで十分なこなれ感。シャープなショートブーツなら主張しすぎることなく、上品さを保てる。


B.「レディなスカートの再解釈」
>> SQUARE FORM

女性らしさが漂うひざ下丈スカートへ真逆なイメージの柄をぶつけてみる。レオパード柄は好感度高く、スカートを無難に見せない、互いを高め合う結果に。

CREDIT: Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra) Text_Natsuko Yanagawa, Shunsuke Takahashi Composition_Chiharu Ando, Miyuki Kikuchi