GISELe

2020/11/30

着まわし万能「黒ニットワンピース」のおすすめの一着とは?

GISELe編集部

「1枚の黒ニットワンピースで」

どうアレンジしても整う、プレーンな黒ニットワンピースに着目。汎用性の高さを示すべく、1つで無限に広がる着方の可能性を再検証。レイヤードや小物の足し算など組み合わせパターンを提案。


黒ニットワンピースの着まわしを【画像一覧】でみる


BLACK KNIT DRESS DATA

□重ねるのに都合のいい余白と、長すぎないレングス
□インナーいらずでも成り立つクルーネック
□1枚でも平坦に見えない適度な幅のリブニット

リブニットワンピース 11,000円+税/スローブ イエナ(スローブ イエナ 自由が丘店) コート 50,000円+税/Bed& Breakfast(Greed International Tokyo Store) ピアス 2,600円+税/mimi33(サンポークリエイト) ショルダーバッグ 12,000円+税/20/80(UTS PR) ソックス 1,800円+税/CHICSTOCKS(ノーデザイン) ブーツ 155,000円+税/サントーニ(リエート) まずは正統派なコートをはおり、赤いソックスを効かせた、あせないトラッドなアレンジからスタート。


この黒は「忙しい」

まずは「どう着るか」の前に「なにができるか」、黒ワンピース1枚のポテンシャルを検証。はおる、仕込む、ひねる、隠す。あらゆる手段をとれば、この黒はどこまでも回っていく。


01.(まずはそれだけで)

「潔く1枚から想像をふくらませる」
ワンピースは着まわし。バッグ 52,000円+税/フレンツラウアー(TOMORROWLAND) シューズ 13,900円+税/A de Vivre はじめはさらりと1枚で。そでにふくらみのあるたおやかなシルエットと、脚がさりげなくのぞくスリット。ワンピース本来の持ち味を生かすために、潔く1枚で。ベージュのパンプスでシックを貫いても親しみを感じさせるのは、カジュアルなクルーネックだから。

CREDIT: Photography_Shohei Kanaya(model),Yuki Ueda(still) Styling_Chisato Takagi Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Liza Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Text_Eri Umeda Composition&Text_Chiharu Ando