GISELe

2020/12/08

長く使える「柄アイテム」選びはブラウンベースが最短ルート

GISELe編集部

「ブラウン系と柄」

なんとなく着るとしっくりこない >> 着る機会が減ってくる。印象的な柄こそありがちな問題。選ばれるのは「ひかえめ」。そこで基準にしたいのが柄をやさしく見せる、濃厚な色みのブラウン。配色の幅広さを含めて考えても、まず柄選びはブラウンベースからが最短ルート。

【画像一覧】すべてのスタイリング

WARM MATERIAL
ブラウンのチェックを洗練させるあたたかい質感とコクのある色み
ニット、ウール、ファーやボアなど冬素材に相性のいいブラウン。その長所がより引き出されるのが濃厚でダークな色合い。定番のチェック柄にも、ふんわりとした質感と重厚な色みをかけ合わせて、カジュアルからキレイに方向転換を。

チェックシャギージャケットコート 78,000円+税/サヤカ デイヴィス(ショールーム セッション) キャメルロゴTシャツ 7,800円+税/ミクスタ(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) ハイウエストデニムパンツ 23,000円+税/BACCA(TOMORROWLAND) ブレスレット 3,928円+税/アビステ グリーンバッグ 20,000円+税/マロウ(アルアバイル)


ブラウン&ヴィンテージ風プリントの相愛な組み合わせ

01. HOUNDSTOOTH PATTERN

千鳥チェックウールジャケット 32,000円+税/FRAY I.D(FRAY I.D ルミネ新宿2店) ふっくらしたウールにベージュ系チェックのやさしさを加算。身丈は長めでゆとりのある形も、ジャケットの緊張感を解きほぐす。



02. LEOPARD
レオパードプリントブラウス 13,000円+税/UNCRAVE ブラウンの落ち着きと、フラットな質感の薄手生地でハードなレオパードを品よく。



03. DOT
ドットワンピース 28,000円+税/ダリア(ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店) 透け感なしのマットなブラウンにのせた、細かな白ドットが軽快な印象を生む。

CREDIT: Photography_Fumi Kikuchi(impress),Yuki Ueda Styling_Yasuko Ishizeki Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Alisa,Hanna,Daniela,Asya Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Text_Ai Watanabe Composition&Text_Tomoyuki Kaneyama