GISELe

2021/11/21

ニットとヘアのいい関係:「凝らないプロの技」でキレイに見違える

GISELe編集部

ニットとヘアの関係性


TOPICS.4
すっきり・同時に気だるく

女っぽさがほしいとき、単純にアップにするだけでは物足りないとき。おくれ毛や少しの乱れを駆使して、「キレイ」以上にムードも含んだセンシュアルさをねらって。

-おくれ毛がアクセサリー-
「テーマは“計算してないようで計算している”。ボリュームのあるタートルネックにはただのコンパクトなヘアではなく、ランダムにおくれ毛を残した、アンニュイなヘアが心地いい」(担当ヘアメイク:岡田知子さん)



-うなじが主役のあざとさ-
「バックオープンニットは、ヘアをおろして遠慮がちにまとうのはもったいない。大胆に背中とうなじを見せ、かえって“強さ”を表現したかったのでおだんごに。オイルやワックスを生えぎわまでしっかりなでつけ、タイトにまとめると隙がありつつも知的な印象に」(担当ヘアメイク:小澤麻衣さん)



-毛先の流れで惑わせる-
「ふつうのVネックと違ってボタンが“途中”のデザインが特徴的だったので、ヘアも完璧を求めすぎないニュアンスに。鋭いネックラインをゆるめるように、毛先には動きを足す感覚で」(担当ヘアメイク:木部明美さん)



TOPICS.5
ときには重いほうがいい

ニットの厚みに乗じて少しボリューミィなヘアアレンジが、装いを盛り上げるきっかけになることも。ヘアアクセや毛流れのニュアンスで印象操作。

-重心を下げてスカーフを飾る-
「太めのタートルの場合、ヘアをタイトにするとアンバランス。正面はおくれ毛でゆるさを、サイドはニットに沿うまとめ髪で重心を下げました。結ぶときに整えすぎないのが重要」(担当ヘア&メイク:長澤葵さん)



-赤ニットと重めボブ-
「白ソックスにローファーを合わせる女性が赤ニットを着るなら?をイメージし、少し少女感を残そうと思いました。ドライなヘアであえて整えていないボリューム感を。ジョンマスターオーガニックのS&L シーミストスプレー Nは、ボリュームとマット感が自然に出るのでオススメです」(担当ヘアメイク:塩澤延之さん)



-「洗練」だけが正しいとは限らない-
「ケーブルニットと眼鏡のやぼったいかわいさを引き出すのに、そのまま前髪を下ろすとやや退屈。サイドにクセをつければ、丸眼鏡に似合うねらいどおりのやぼったさに」(担当ヘアメイク:塩澤延之さん)



TOPICS.6
いつものニットにテーマを与える

ステディなニットにあと一歩の新しさを加えるなら?ヘアアクセの力を借りたりアレンジよりもテクスチャーに力を入れたり。「こうなりたい」をヘアスタイルに託す気分で。

-モードに寄せるスリークヘア-
「グレーのワントーンによる、ニットなのにシャープなスタイリングによせて、ヘアスタイルもモダンで凜とした女性をイメージ。タイトなセンターパートにすれば、ピアスも映えるバランスに」(担当ヘアメイク:吉田太郎さん)



-白を理由に自由なマインド-
「ヘアメイクによってどうにでも印象を操れる白ニット。BIGタートルの存在感に負けないように、ヘアピンをランダムに飾ったインパクト重視のアレンジ」(担当ヘアメイク:木部明美さん)



-レディな黒でクラシック-
「黒タートルと黒カチューシャのクラシックな雰囲気に合わせて、レディなフレンチガール風に。首までおおわれた黒によって重くならないよう、ムースでドライな質感と束感をキープ。軽やかにゆれも抜け感の要素になるように、高めの位置のラフなポニーテールに仕上げました」(担当ヘアメイク:スガタクマさん)

≫ヘアアレンジのパターンをもっと見る
CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED