GISELe

2021/01/01

GISELeヘアメイクが解説!ニットに「凝らずにこなれ感」をもたらすヘア

GISELe編集部

ニットとヘアの関係性


003
ニットにならってカジュアルでいい

ときにはニットのテンションに合わせて、無造作感を楽しむのも手。とはいえ、意識すると難しい自然体。手抜きには陥らない計算された抜け感を検証。


「2枚重ねたぶん“上”は軽く」
「ニットのレイヤードを主役にしたかったので、首まわりのヘアはスッキリと。黒とグレーのごくベーシックな配色を地味に見せないように、カジュアルなアップと赤いリップをかけ合わせたポジティブなバランスを意識しました」(小澤さん)



「海外SNAP風ハーフトップノット」
「コンサバにならないよう、メンズっぽいカジュアルにくずせるアップスタイルに。通常はゴールデンポイントに向かって毛流れを整えますが、このときはほぼ真上に直線上に毛流れを持っていくことでマニッシュさを表現したのがポイントです」(塩澤さん)



「ニットもヘアもざっくり」
「エフォートレスなALL白のニットルックには、清潔感と抜け感が大切。手入れの行き届いたヘアをスッキリまとめるだけで、スタイルが生まれます」(岡田さん)


004
すっきり、同時に気だるく

女っぽさがほしいとき、単純にアップにするだけでは芸がない。おくれ毛や少しの乱れを駆使して、「キレイ」以上にムードも含んだセンシュアルさをねらって。


「おくれ毛がアクセサリー」
「テーマは“計算してないようで計算している”。ボリュームのあるタートルネックにはただのコンパクトなヘアではなく、ランダムにおくれ毛を残した、アンニュイなヘアが心地いい」(岡田さん)



「うなじが主役のあざとさ」
「バックオープンニットは、ヘアをおろして遠慮がちにまとうのはもったいない。大胆に背中とうなじを見せ、かえって“強さ”を表現したかったのでおだんごに。オイルやワックスを生えぎわまでしっかりなでつけ、タイトにまとめると隙がありつつも知的な印象に」(小澤さん)



「毛先の流れで惑わせる」
「ふつうのVネックと違ってボタンが“途中”のデザインが特徴的だったので、ヘアも完璧を求めすぎないニュアンスに。鋭いネックラインをゆるめるように、毛先には動きを足す感覚で」(木部さん)

CREDIT: Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Text_Eri Umeda Composition&Text_Chiharu Ando