GISELe

2021/01/21

冬のペールトーンをぼやけず着こなす|「黒」のポイント使い6選

GISELe編集部

「はっきりしない2色」がうまくなる

よくも悪くも、ただ強い色とされていたけれど、そのイメージはもはや今の黒のフェーズではない。強さの裏にやさしさや隙、親しみやすさなどを秘め、あえて主張をおさえたつつましい黒が、折り目正しいこれからのワードローブと共鳴する。

【画像一覧】すべてのスタイリングはこちら

NUANCE COLORS
黒は「決着をつけてくれる」
>>「はっきりしない2色」がうまくなる

ぬくもりのある素材との相乗効果で、魅力が増す冬のペールトーン。とはいえ、下手するとぼやけてしまうのも事実。難易度が高い2色づかいとなるとなおさら。そんなときは、「あるべきところに黒」の発想でうまくいく。


「クリーミーなのにビターが成立」
淡いイエローとエクリュのまろやかな2色には、ごくシンプルな黒をはさんでシックに昇華。タイツのように密着した隙のないロングブーツだからハーフパンツでも大人を保てる。

+
cream yellow
ecru white
イエローコート 23,900円(税込み)/ザラ 黒クルーネックTシャツ 24,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) エクリュショートパンツ 24,000円+税/STUNNING LURE(スタニングルアー 新宿店) 黒ハンドバッグ 49,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) 黒ストレッチニーハイブーツ 29,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa ひとつひとつはごくシンプル。配色だけでさまになる。


「くすんだ甘い色をカッコよく」
ベリーピンクとベージュの「くすんだ暖色」で共通した2色を包み込むように黒を加算。気だるくまとえるオーバーサイズのコートなら、ゆるいグラデーションのムードも壊さない。

+
berry pink
smoky beige
黒2wayフーディコート 59,000円+税/STUNNING LURE(スタニングルアー 新宿店) ベリーピンクカーディガン 40,500円+税/ベースレンジ(エディット フォー ルル) ベージュウールパンツ 34,000円+税/CURRENTAGE(マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店) バッグ 19,000円+税/オウレンティ(ジャーナル スタンダード 表参道) 黒シューズ 7,990円(税込み)/ザラ

CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN_model) Koichi Sakata(still) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Hanna Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando