GISELe

2021/02/18

長そで×アクセサリー丨アパレル関係者8人のリアルな手元の飾り方

GISELe編集部

「手首から先」をデザインする

そで口と手元の関係性に「手間をかけ」「手数を増やす」。肌をおおう面積と厚みが増し、体のラインが隠れる季節。ちょっとしたアレンジが見慣れた装いに変化を生み、可能性を広げる糸口になる。


 FOCUS! 
「手首から先」のパターン

まずはいつもの服に必要な新しさを運ぶアイディアを8人のリアルな手元から収集。「これがいい」に行き着いた必然性のある理由から、とり入れたいスタイリングのピースを探して。
A_Wearing jewelry brand
B_Favorite hand care cosmetics

【画像一覧】すべての「長そで×アクセ」実例を見る

NO.01
JUNNA
ETRE TOKYO CREATIVE DESIGNER
@junna
A_diezsaskia
B_uka

肉厚ニットは辛めに飾る

冬に欠かせないもっちりニット。私の場合、ほっこり着る選択肢はないので、もたつきをそぎ落とす役割でエッジーなアクセサリーを使います。ゴールドとシルバーをMIXしたり、重ねづけをしたり。アクセサリーで遊ぶぶん、あえてネイルはカラーレスで。


NO.02
MARINA KARUBE
Deuxieme Classe PRESS
@marinakarube
A_GABRIELA ARTIGAS
B_BYREDO

足りないツヤを補うために

ソフトなリブニットを洗練された印象に引き上げる光沢感のあるゴールドのアクセサリー。ハンサムなチェーンをニットの上からつける、ちょっとしたひと手間で手首がキュッと細く見えます。ネイルは肌にもゴールドにもなじむ乳白色の出番が多いです。

CREDIT: Design_Kaho Yamashima(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya, Yuko Igarashi