GISELe

2021/02/20

GISELeヘア&メイク2人が太鼓判|あのコスメブランドの「入門とその次」

GISELe編集部

あのブランドの「手始めとその次」


2nd
ADVENCED
幅が広がる「その先」の選択肢

ラクに逃げない。コスメだけに頼らない。メイクのイマジネーションにも時間と頭を使う。「手をかけるとさらによくなる」小さな変化をプロの視点で解説。


01
CHANEL

O_発想次第で変えられる
「“どこにでも使える”という響きには妥協を含む場合が多いですが、これはツヤも透け感もどこか挑発的で別格の存在感。使いこなせるようになったら、メイクの幅が広がります」
ボーム エサンシエル ロゼ 5,500円+税/シャネル



K_たった1色でスタイルのある人
「4色パレットを持て余しがちな方に試してほしい。すべての色がオシャレだから、たとえ1色だけでも雰囲気のある目元になれます。慣れたら組み合わせを楽しむ冒険の旅へ!」
レ キャトル オンブル 274 6,900円+税/シャネル


02
Dior

O_ナチュラルもカバーもこなす
「スキンケア効果が高く、よれにくいコンシーラーなので、スーパーナチュラルからフルカバレッジまでこなせます。部分づかい、何色か使い分けてコントゥアリング、広い範囲でハイカバー、どんな使い方もいい」
ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー 0N 4,200円+税/パルファン・クリスチャン・ディオール



K_微調整で引き出しが増える
「パウダーの質感がよく、色みがパキッとクリアに肌にのるアイシャドウ。それをチップやブラシでうまくコントロールしながら、つけられるようになると楽しいですよ」
サンク クルール クチュール 279 7,600円+税/パルファン・クリスチャン・ディオール

CREDIT: Photography_Yuki Ueda Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya, Yuko Igarashi