GISELe

2021/04/11

【完売必至】人気ブランドの名作パンツ6選|スタイルアップの理由を詳しく解説

GISELe編集部

「美形パンツと気楽なトップス」

パンツのクオリティがどんどん上がっている今、選びにも迷うところ。1本で全体のバランスを整え、コーディネートする楽しみを広げてくれる新しいパンツ、間違いのない6つの選び方。その詳細をまとめて解説!

【画像一覧】完売必至の名作パンツすべて

- LE PHIL -

コンパクトな白をタックインし、上下の形に強弱をつけスタイルをキープ。白+ネイビー配色を軸にすれば、カラーツイードやゴールドアクセのトッピング、あるいはカラーアウターを重ねたり、ブルゾンでくずしたりと、遊びを加えたアレンジにも品よく対応。

01「腰と脚を細く見せる」視覚効果

ウエストを締め・パンツの横幅を強調することで華奢に見せる
まず注目したいのは、落ち感のあるやわらかな質感と好相性な、幅の広いワイド。後ろだけにゴムをほどこし、キュッと締めたウエストでくびれから伸びる脚長なシルエットを形成。締まって見えるネイビーや、ウエスト部分からすそまで長くまっすぐ入ったセンターシームで縦長感も演出。

ネイビーストレッチワイドパンツ 23,000円+税、タートルニット 19,000円+税/ともにLE PHIL(LE PHIL NEWoMan 新宿店) ツイードベスト 68,000円+税/スタンドアローン(ジャーナル スタンダード 自由が丘店) サングラス 31,000円+税/BLANC チェーンブレスレット 21,000円+税/ペリーヌ タヴェルニティ(エストネーション) ショルダーバッグ 68,000円+税/A.P.C.(アー・ぺー・セー カスタマーサービス) パンプス 32,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) アイボリーリブトップス 5,000円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド)


- ESTNATION -

グレーが1本あれば、着たい色や柄も試しやすく組み合わせの幅も大きく広がる。イエローなど鮮やかな色にも落ち着きをもたらし、春からはTシャツやノースリーブとの単純なワンツーでもその形の美しさがより際立ち、シンプルコーデが「もつ」装いがかなう。

02「ダブルタック」でほどよい余裕を

2本のタックで細身でもヒップのまわりを締めつけない
テーパードは生地にかたさがなく、シワにならない縦落ちの質感を選択。タックを入れることでほどよく丸みがありながらも、すっきりと縦に流れるようなヒップラインを実現。高めに配したバックポケットは視線を上に上げ、後ろ姿もキレイに。

グレーダブルタックパンツ 32,000円+税/エストネーション イエロー半そでニット 36,000円+税、カーディガン 61,000円+税/ともにエクストリーム カシミア(ロンハーマン) ピアス 7,637円+税、バングル 6,873円+税/ともにアビステ バッグ 98,000円+税/ピエール アルディ(ピエール アルディ 東京) フラットシューズ 5,500円+税/チャールズ&キース(CHARLES & KEITH JAPAN) 白Tシャツ 8,800円+税/SLOANE

CREDIT: Photography_Daisuke Tsuchiyama(TRON) Styling_Yasuko Ishizeki Hair&Make-up_Mai Ozawa Model_Hanna Design_Yuki Uesugi(Ma-hGra) Composition&Text_Tomoyuki Kaneyama