GISELe

2021/04/05

「自分に似合う眉さがし」|コスメ&アイディアをプロが指南!

GISELe編集部

寛容に「目と眉」再考リスト


EMI MORITA
MAKE-UP INSTRUCTOR

森田恵美さん(メイクアップインストラクター・@__.amafacon)/大阪在住。メイク愛あふれるインスタグラムが人気。対面、オンラインで行うメイクアップレッスンが毎回好評。


>> SELFIE

「黄み寄りのアッシュブラウンであたたかみ」

その日のメイク、顔色、使いたいコスメに応じて、微調整やアレンジを毎日しますが、基本は、やや太めのやわらかい平行眉。ハンサム系に振りたいときは色をグレーに寄せ、肉厚な素材の服を合わせるときは重くならないように、黄みよりのアッシュブラウンで明るすぎず、温度感のある眉にします。フーミーのアイブロウパウダーは週3使うほど好き。


>> hince

「眉に生命力が宿る眉マスカラ」

薄く細い私のような眉でも、きちんと根元から立ち上がって、1本1本に生命力を感じる理想とする眉に整います。毛流れ、毛のハリ、ツヤ、毛束感、キープ力、すべてがパーフェクトで、思わず全色買いしたhinceのシグネチャーブロウシェイパー。ブラシが極小サイズなのでフサフサ眉さんでも思いどおりのストロークがきく、使い勝手のいいマスカラ。


>> M・A・C

「本物の眉になりきってくれる」

眉が半分しかない私に必要不可欠なのがM・A・Cのシェイプ + シェード ブロウ ティント。デュアルエンドでリキッドライナーとパウダーが1つになっているのですが、とくにリキッドの液質がいい。肌にのせると1本1本が本当の眉のようになじみます。色はリンガリングを愛用中。B.A.さんに相談しながら選んだナチュラルなブラウンです。


>> INTEGRATE

「パウダーのように描ける」

しっかり太い毛質の眉の人ってパウダーをのせるとのりみたいになってしまいがちですよね。そういう人にオススメしたいのがインテグレートのアイブロウペンシル(ソフト)。通常ペンシルは「線」を描くものですが、これはパウダーみたいなふわっと感が出せる稀有なアイテム。1本400円程度とプチプラなのにこのクオリティはほかではありえません。

※GISELeでは5月号(3/27発売)より、掲載商品の価格表示を消費税込の総額表示に変更しております。変更以前に発売された号の内容に関しましては、税抜き価格での表記が残っている場合がございます。
CREDIT: 2021年03月号 Photography_Yuya Shimahara(model),Yuki Ueda(sill) Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Styling_Chisato Takagi Model_Jane Design_Sayaka Tanaka(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya