GISELe

2021/04/25

ランウェイから導いたこの春の傾向とは?「話題性のある小物」9つのキーワード

GISELe編集部

ワンパターンと「小物の新しい掟」


LUXE BASIC
09. デニムをキレイに支える「ベーシックの1軍」

JIL SANDER


MAX MARA
旬にかかわらず、装いのまとめ役としてはずせない至極の定番。スタンダードなデニムと合わせてもクラス感を出せる、「ひと味違う」シンプル小物を公開。

1. キャスケット 7,000円+税/CA4LA(CA4LA プレスルーム) ハットほど気どらずキャップほどラフじゃない、ほどよい立ち位置で重宝。味のあるカーキ。 2. べっ甲眼鏡 33,000円+税/アイヴァン(アイヴァン PR) レディにもカジュアルにも似合うべっ甲。 3. 黒バッグ(24×33×11) 20,800円+税/YAHKI(ショールーム セッション) ありふれたレザーバッグも幅広な形は新鮮。短いハンドルできちんと感がアップ。 4. ハイカットスニーカー 5,800円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) 服をまわすうえではずせない1足。 5. 白細リブソックス 600円+税/17℃(Blondoll 新丸の内ビル店) 目のつまったしなやかなリブだから、メンズライクになりすぎずパンプスとも好バランス。 6. ビットローファー(1) 19,000円+税/タラントン by ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) シャープなつま先、甲がのぞく開きぐあい、きゃしゃなビットとすべてが上品。 7. ピンクペイズリースカーフ 6,500円+税/SADA MAYUMI×PUBLIC TOKYO(パブリック トウキョウ 渋谷店) シルク100%ならペイズリー柄もシック。 8. 黒ショートブーツ(6.5) 12,000円+税/ステュディオス(ステュディオス 渋谷店) スクエアトゥや重みのあるヒールがクールな印象。足首細めの形が美脚へアシスト。

※GISELeでは5月号(3/27発売)より、掲載商品の価格表示を消費税込の総額表示に変更しております。変更以前に発売された号の内容に関しましては、税抜き価格での表記が残っている場合がございます。
CREDIT: 2021年03月号 Photography_Yuuki Igarashi(TRON・model), Yuki Ueda(still) Styling_Natsuko Deguchi Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Alisa Design_Shogo Tamura(Ma-hGra) Text_Riho Nawa Composition&Text_Mika Shirahige