GISELe

2021/05/26

「着まわしの6か条」黒ワンピもこうすれば「同じ」に見えない

GISELe編集部

「黒ワンピースの計画書」

アレンジが効くという反面、そんな服が陥りがちな「見慣れ」。それを更新していくにしても、やみくもに何かを変えるのではなく、失敗しないバランスをもとにするのが賢い選択。今回はシンプルな黒ワンピースにかける「基本アレンジの6か条」をもとに、今気分に引き寄せるプラスアイテムをご提案。

【画像一覧】黒ワンピの着まわし6パターン

ITEM▶
「縦落ち&長めのカットソーワンピ」
□重ねてももたつきにくいやや細身
□黒の緊張をほどくなめらかな質感


黒ワンピース 23,100円/beautiful people(ビューティフルピープル 青山店) 肉感を拾わない厚地。


【1】
「きちんと正す」
+ゆるめの夏素材ジャケット


「リネンジャケットで心地よくきちんと」
気楽で手軽にきちんと感を装える、リネン×ベージュのジャケットなら直線的な黒も疲れない仕上がりに。
ワンピースは着まわし。リネンジャケット 48,400円/ガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ 表参道店) バッグ 17,600円/メゾン ヴァンサン(フラッパーズ) パンプス 19,800円/オデット エ オディール(オデット エ オディール 新宿店) 


【2】
「腰から下を覆う」
+ソフトなシャツ


「ヒップラインのカバー&腰位置も上がる
カットソー素材に合わせて、巻いたシャツも「なめらかさ」のあるもので定番的なテクニックも今に引き寄せ。腰から下をシャツで覆いつつ、ウエストマークで腰位置が上がって見えることでスタイルUPにもいい効果。
ワンピースは着まわし。シャツ 30,800円/LE PHIL(LE PHIL NEWoMan 新宿店) キャップ 8,250円/スポーティ アンド リッチ(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) サンダル 33,000円/スペース クラフト(UTS PR) 

CREDIT: Photography_Koichi Sakata Styling_Natsuko Deguchi Design_Hana Nishimura(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa