GISELe

2021/06/10

「モノトーンだけで」着まわすといい服

GISELe編集部

「極まるモノトーン」

モノトーンだけ。
全部ラクな素材のみ。


なるべく心地いい服を追求したい今。そして着まわしもムダなくオシャレなパターンだけを作りたい。その2つをかなえるのは、品の良さも上乗せしてくれる究極の定番色。ラクしてキレイを体現する黒と白を厳選し、着まわしをシミュレーション。


- WARDROBE -
すべて心地いい素材の
「着まわし6アイテム」

A.「ラウンジウエアのようなセット」
ジャケット 53,900円、パンツ 31,900円/ともにFLOML(TSI) シャツ感覚のジャケットと、ゴムウエストながらセンタープレス入りのイージーパンツ。



B.「Tシャツ感覚のブラウス」
白ロールアップスリーブブラウス 11,000円/AKTE 洗練されたシャツ素材と、 Tシャツらしいそぎ落とされたデザインでカジュアルもキレイもかなえる。



C.「ニットとスエットの間」
黒ニット(メンズ) 9,350円/ドレステリア(ドレステリア 玉川高島屋S.C) スエットのようなディテールを残した、目の細かいニット。ラクなのに上品。



D.「美形なスエットパンツ」
アイボリースエットパンツ 19,800円/デ・プレ ストンとしたシルエットとやさしい白が、スエット特有の部屋着感を払拭したミニマルな1本。



E.「ノースリ以上半そで未満のドレス」
黒ノースリーブワンピース(5月発売予定) 20,900円/ダブルスタンダードクロージング(フィルム)  ほぼノースリなのに二の腕カバーに有効なそで。

CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN), Yusuke Tanaka(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Oliwia Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Text_Eri Umeda Composition&Text_Chiharu Ando