GISELe

2021/06/08

「難しくないベージュコーデ」|色を減らした「配色パターン」の成功例

GISELe編集部

「より良いベージュの合わせ方」



PATTERN-③

質感で差をつける
「白+白っぽいベージュ」


肌ざわりの異なる素材をかけ合わせるテクニックで、ワントーンがぼやけて見える不安を払拭。メッシュやリネン、デニムなどのドライな質感が、春夏らしい軽やかさも運んでくれる。


DENIM PANTS
乾いた風合いのデニムとニットで抑揚づけ
肩がけした白ニットが立体感を、ベージュのデニムが味わいをもたらすおかげで、あっさりとした2色も脱・無難。ブーティで「とがり」を加えれば、薄色なのにキレもいい。

デニムのコーデ一覧「キレイになれる」相棒選び



KNIT TOP
素肌が透けるニットでほっこりさせない
ざっくり編みのニットで、ベージュにありがちなぬくもり感を一掃。クリーンな発色の白パンツなら、メッシュニット合わせもカジュアルに転ばず、レディな印象を保てる。



LINEN COAT
インナーの明るい白が全体の引き締め役
どちらもリネンゆえに、色みも質感もあいまいになったコートとパンツ。まっさらな白のTシャツが間に入ることで、一気に抜けと奥行きが。そでをまくって軽やかに。

差がつく白ベージュ配色「上下に差をつけない」2つの法則


PATTERN-④
「小さく」ベージュを使う

穏やかなベージュがさし色なら、白軸のマイルドな装いに足し算しても浮かずになじむ。ほぼ白を着る日に求めたい品のよさも同時にかなえる、「飾れる」ベージュを厳選。



+KNIT CARDIGAN
趣のあるカーデでリュクスなムード
ふわりとしたニットの足し算で、ボーイッシュな白T×ショートパンツをノーブルに転換。顔まわりに濃いベージュを使うと目線が上がり、白一色ももったりしない。

白Tシャツなのに「手が込んでる」白を格上げするコーデ6選



+SHORT PANTS
抜け感をあと押しするベージュのショーパン
白シャツのフレッシュさや軽やかさを引き立てるなら、同じくライトなベージュが好都合。女性らしい薄ベージュなら、潔く肌見せしても落ち着きと品のよさをキープ。

白とベージュの「組み合わせの正解」18選



+GLASSES
近づいてわかる程度の顔まわりのベージュ
肩ひじ張らない白ワンピに同系色のカーデを添えた、とことんナチュラルな装い。ALL白にクリアベージュの眼鏡を投入したら、さりげない遊び心と知性が加わる。

夏の配色「白・ベージュ・ブラウン」3色だけがいい理由
CREDIT: Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa