GISELe

2021/06/06

2枚のトップスで「どう着まわしてもいい結果」丨黒リブTの場合・白Tブラウスの場合

GISELe編集部

「白ブラウスの場合・黒リブTの場合」

コーディネートを考えやすくなるアイテム=白ブラウス・黒リブTシャツも、シンプル以上をかなえるディテールを求めたい。そんなわがままを満たす条件を吟味し、選ばれたアイテムで着まわしの実例を披露。

Chapter①
「黒と白・どう選ぶ?」

妥協せずに選べば、後々のスタイリングが圧倒的にラクだから。そで丈・着丈・シルエット・素材感。黒リブTシャツと白ブラウス、それぞれの選択基準をご紹介。

【すべての画像】白ブラウス・黒Tのコーデサンプル

☑SELECT POINT
【黒リブTシャツの場合】

【そで】半そで以上・五分そで未満

今の時季から使えることを考えて、半そでより少し長め。暑い季節までも対応の着まわし力に加えて、肩幅や二の腕がほどよくカムフラージュされることですっきり見える効果も。

【シルエット】INして無駄のないフォルム

肉感を拾いすぎず体がまっすぐに見えるほどよいフィット感。そして着丈。INしてウエストがもたつかず、しゃがんだり体を伸ばしてもすそが出ないヒップ上あたりが目安。

【ネックライン】抜け感もともなうハイネック

ネックラインは開きすぎていないほうが上品で、とはいえつまりすぎると季節やスタイルを限定しがち。ゆえのハイネックが、今季らしい抜け感もともなって好都合。


<STYLING IMAGE>

コンパクトで上品。きゃしゃ見えもする黒リブTのすべての持ち味が生きる、ハイウエストボトムとのコンビネーション。

黒リブTシャツ 5,500円/SLY、バミューダパンツ 9,900円/THROW by SLY(ともにバロックジャパンリミテッド) サングラス 35,200円/EYEVAN(アイヴァン PR) バッグ 190,300円/チノ×ザンケッティ(モールド) パンプス 52,800円/KATIM 

CREDIT: Composition.Text_GISELe