GISELe

2021/05/22

広範囲で着まわせる「カットソー感覚」に進化したスエット

GISELe編集部

ルーズな薄手スエット

カットソー感覚で着られる
「デザインスエット」


スエットといえどもカットソーのような感覚で着られる夏に向く質感。テクニックなしで落ち着いた印象に仕上がる、ゆるく長めのフォルムが好都合。深い切れ込みやボリュームスリーブなど、1枚でシンプル以上の着こなしがかなう、デザインにひとクセあるタイプを1着ワードローブに。

「カットソー感覚のスエット」4選

【▶4パターンで着まわし】

ライトベージュVネックトップス 13,200円/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店)


【STYLE_1】
☑おかたさをほぐす

端正なモノトーンにかぶせて
「きちんとモード」へ刷新

シャツ&ペンシルスカートのまじめな服装の「くずし」として採用。落ち感のある風合いで、エッジが効きすぎず上品な雰囲気も保てる。

スエットは着まわし。白ロングシャツ(5月発売予定) 29,700円/ENFOLD 黒エコレザースカート 30,800円/ルーム エイト(オットデザイン) 眼鏡 28,600円/EYEVAN(アイヴァン PR) アイボリーローファー 18,590円/A de Vivre


【STYLE_2】
☑辛さをゆるめる

主役を張るアニマル柄パンツを
ぶかっとしたベージュでやさしげに

レオパード柄との切れ味のいいデザインどうしも、ルーズなシルエットなら気張って見えない。首&足元で肌を見せ、抜けを加算。

スエットは着まわし。レオパード柄パンツ 31,900円/マニプリ(ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店) 中に着たベージュブラトップ 8,800円/CASA FLINE(CASA FLINE表参道本店) クリアサンダル 11,000円/TOP END(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)


【STYLE_3】
☑抑揚をつくる

白っぽいソフトな配色を支える
シャープなネックライン

深く広く開いたVネックで、ニュアンシーなトーンに強弱を。前後差のあるすそが、さらに奥行きのある見た目へとアシスト。

スエットは着まわし。ロングスリーブシアートップス 4,950円/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) スカート 37,400円/marmors(MICA & DEAL 恵比寿本店) 手に持ったリネンジャケット 33,000円/スピック&スパン(スピック&スパン ルミネ新宿店) 黒クラッチバッグ 190,300円/チノ×ザンケッティ(モールド) 黒レースアップサンダル 7,590円/RANDA


【STYLE_4】
☑肌感を生かす

メンズライクなトップスで
いやみなく「インナーコンシャス」

キャミソールを仕込んだ、肌見せ分量の多いレイヤードで女性らしく。ラフなスエットと一緒なら、肌感も都合よくはたらく。

スエットは着まわし。シアーキャミソール 28,600円/beautiful people(ビューティフルピープル 青山店) 白パンツ(サスペンダーつき) 33,000円/FLOML(TSI) ブラウンフラットサンダル 10,890円/A de Vivre

CREDIT: Photography_Eizo Kuzukawa(model), Yusuke Tanaka(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Eva Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige