GISELe

2021/05/06

「似合うベージュが見つかる」 56コーディネートBOOK

GISELe編集部

「似合うベージュ」を探す

ベーシックカラーの中でも、それぞれの系統や好みの着方によって選ぶ=似合うアイテムが絞られるベージュ。旬の色だけにその選びをより的確にするべく「見た目」から入って着こなし方や傾向、着たいアイテムを探せるベージュスタイルのコンプリート版。見返して、毎日のオシャレに活用できる56コーディネートを一気に公開!

CORDINATE-①
【赤とベージュ】
インパクトカラーにまろやかさを加える
ベージュを、赤の攻略の糸口に。

☑赤のパンツはメンズっぽい形で辛く。
ベージュなどあいまいな色、シャツを
「適当」にくずす着方で色の強さを中和。

2
☑肌を濃厚な配色を抜く隙ととらえて。
赤もベージュもコクのある渋い色みで
そろえると落ち着きのある印象に。


☑映える赤いロングチュニックは、
ボトム合わせの幅も広がるサイドスリット
入りを選択。少量のベージュを差して
インパクトをさりげなく引き算。


☑メンズライクな「大きな赤」を細身の
ベージュで品よく流す。カジュアルな
Tシャツと、サテンパンツの
異素材MIXで組み合わせにリズム感を。

▶ベージュにも好相性!【合わせやすい色のカラーパンプス】

CORDINATE-②
【ショートパンツと白・黒・ベージュ】
ローテーションに組み入れたい
ショートパンツは、チノパンを短くした
イメージでカジュアルにとり入れるのが
おすすめ。ベーシックな3色の配色で
あくまで大人っぽく着こなして。

3
☑品のよさを貫けるシャツに頼って
活発なイメージのキュロットを
キレイめに変換。


☑スタンダードで使いやすいゆるめの
ヒザより少し上の丈。トップスを
シンプルな黒にすることで、
ミニマルでありながら
穏やかなモノトーンに。


☑白に近い淡いベージュのトップスと
キャメルのショートパンツで、
やわらかなコントラストを表現。


☑着まわしもきく定番として確立された
セットアップをショートパンツとの
セットでとり入れるのも一手。それだけで
まじめなぶんインナーでのハズしが必須。


☑ミリタリーテイストのパンツも
渋い色みなら程よいきちんと感。
タックINしたコンパクトな着こなしに
ジャケットを肩がけして、
気楽に大人っぽさを追加。

▶コーディネートに悩まない
【白・黒・ベージュの3色だけで】簡単オシャレになる方法

CORDINATE-③
【白いTシャツとベージュ】
あらゆるコーディネートをバランスよく
整える白T。+ベージュの鉄板配色を
ベースに組み合わせたいアイテムを選抜。


☑カジュアルさがリセットされる、
上品なベージュとクリアな白の力。
スタンダードな合わせも、ウエストや
シルエットに特徴のあるベージュパンツで
「シンプル以上」の装いに。


☑装飾のあるデザインスカートも
白Tを軸にすることで、気負わず
カジュアルなムードに。
小物を濃いブラウンで統一した、
白・ベージュ・ブラウンという好配色。


☑白Tとベージュパンツ+アクセント色の
羽織りもの。色をバランスよく
とり入れられる、応用の効く組み合わせ。


☑ペールトーン配色に強弱をつけるのに
役立つショート丈のカーディガン。
白やベージュ系のまろやかな配色は、
立体感が出る短め丈で抑揚づけ。


☑メンズライクな組み合わせも
シルエットをコンパクトにすることで、
甘さを程よく含んだカジュアルに。


☑白に近い上下配色は、ノースリーブの
腕見せでシャープに。足元のサンダルも
含めた「肌感」がポイント。


☑サンドベージュのスカートにカーキ
スエットを肩掛けしたドライな配色。
細身のスカートと、デコルテを
キレイに見せる白Tで女性らしく。

▶白Tもサマになる
人気ブランドの【新・名作パンツ】

CORDINATE-③
【ピンクとベージュ】
ベージュとの合わせに、ぜひとり入れたい
キーカラー。今季はピンクがかった色みの
ベージュアイテムも豊富。

6
☑ピンクベージュのトップスと
ベージュという流れのいいトーン。
細身シルエットのアイテムも、やわらかい
質感のアイテムで「縦への流れ」を意識。


☑サテンスカートにモーブピンク。
「細長い形で・落ち感のある素材」を
組み合わせるだけで
すっきりとした見た目に。


☑ピンクがかったTシャツと白デニムの
淡いトーン。インパクトのある小物づかい
もナチュラルな素材なら強すぎない。


☑リネン素材のベージュスカートに
とけ込む、白みがかったピンク。
リラクシーな色+素材感も、
ざっくりと開いたVネックですっきりと。

CREDIT: Composition.Text_GISELe