GISELe

2021/06/18

「飾らずデニム上手になる」差がつく4つの些細なこと

GISELe編集部

「デニムで美しい人」

シンプルなのに目がとまる、さりげなさの正体を研究。デニムをキレイに着こなす人に見られる、4つのちょっとしたポイント。


DAY 1
「ノースリーブはボトルネックを」


ラフに見えがちなノースリ×デニムの組み合わせも、つまり気味の首もとなら品よく見え、すっきりしたノースリーブとのバランスも良好。ブルーデニムと相性のいい色み=ネイビーの選択で、コーデの洗練度もアップ。

デニムパンツ 28,600円/ビーサイド ジーンズ(ロンハーマン) ネイビーモックネックノースリトップス 8,800円/フィルメランジェ カーキ巾着バッグ 16,500円/ザ ライブラリー(ザ ライブラリー 表参道店) ベージュパンプス 33,000円/ピッピシック(RHC ロンハーマン) 

DAY 2
「黒のバックオープントップス」

素肌も映える後ろ姿が印象的なトップスでブルーデニムをレディなたたずまいに。ボーイッシュなデニムのゆとりによってミニマルなトップスが際立ち、女性らしいボディラインをメイク。

ソフトバギーデニムパンツ 16,500円/イエナ(メゾン イエナ) 黒トップス 14,300円/HAKUJI(ブランドニュース) ピアス 19,800円/ブリー レオン(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ゴールドチェーンブレスレット 8,800円/Ungrid ゴールドリング 38,500円/サンズ サンズ(RHC ロンハーマン) 黒巾着バッグ 40,700円/Aeta(alpha PR) 黒サンダル 30,800円/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) 


DAY 3
「濃紺デニムと白小物」

相性のいい濃紺デニムと白。Tシャツに加えて白を細いベルトで追加。足元もくるぶしを出して抜けを出しつつ白で合わせるとまとまりよく。

デニムパンツ 26,400円、白Tシャツ 8,800円/ともにギャルリー・ヴィー(ギャルリー・ヴィー 丸の内店) 白ベルト 12,100円/MAISON BOINET(メゾン イエナ) 白フラットシューズ 38,500円/ピッピシック(RHC ロンハーマン)
 

DAY 4
「白ソックスと黒パンプス」

白Tとデニム+羽織りモノという鉄板の組み合わせ。黒パンプスを合わせたシンプルなアイテム・王道のテクニックに1つ、ソックスで白を効かせることで辛口モードなイメージに転換。

デニムパンツ 18,700円/アーセンス(アーセンス ルミネ新宿1) ガウン 48,400円/ヤヌーク(カイタックインターナショナル) 白Tシャツ 13,200円/THE NEWHOUSE(アーク インク) サングラス 16,500円/OSCAR & FRANK(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ソックス 1,650円/ebure(ebure GINZA SIX店) バッグ 50,600円/イアクッチ(ガリャルダガランテ 表参道店) パンプス 52,800円/ペリーコ(デミルクス ビームス 新宿)
CREDIT: Photography_Shohei Kanaya Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Jeanne Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi