GISELe

2021/06/23

【デニムコーデ】キレイめ小物使いのヒント6選

GISELe編集部

「デニムで美しい人」

Close-up!
デニムを「よりよく」
小物づかいのアイディア


デニムをカジュアルすぎずにキレイに着こなしたいとき、合わせる小物やネイルに妥協しないことが完成度を左右する。参考にしたい6つのテクニックを総まとめしてお届け。
>>使用したアイテムのクレジットはこちら

01
▶ヌーディカラーのブーツ

「夏にあえての重い足元」

デニムから引き継ぐように、足元は肌を隠せるショートブーツで重厚に。トップスがだんだん薄くなるこの時季にこそ、足元をしっかりさせることで端正なイメージを加速。

02
▶ヴィンテージ風スカーフ
「ジュエリーのかわりにポケットへ」

イメージソースはバックポケットにハンカチーフを飾る、育ちのいいメンズの装い。レトロ柄のスカーフで、シンプルな装いの趣が増す。

03
▶ソックス×パンプス
「足元をつなぐ“きゃしゃな白”」

きちんと感のある足元づくりに欠かせない、端正な白ソックス。脚にフィットするごく薄手の素材だと、パンプスと合わせたときももたつかずに美しい仕上がりをアシスト。


04
▶ゴールドジュエリー
「ドライなデニムにあたたかい輝き」

メンズライクなデニムをエレガントに仕上げるために選びたいのは、シルバーよりもゴールドのウォーミィな光沢。目を引くボリュームのあるデザインならより効果的。

05
▶メタリックなペディキュア
「足先まで行き届いたツヤ」


ヴェルニ ロング トゥニュ 897 3,520円(5月21日限定発売)/シャネル 

主張しすぎないコッパーカラーのメタリックで、足元にもゴールドジュエリーのようなつやめきを加算。ラフになりがちなサンダルの足元に、リュクスな輝きをあしらってさりげなくレディに。

06
▶大粒のパールピアス
「タイムレスなパールで更新」

デニムとパールの組み合わせの中で新しさを追求。大粒パールなら、品格だけでなく華やかさも獲得。ゴールドとミックスされたデザインだと、抜けも出てバランスもとりやすい。


CREDIT: Photography_Shohei Kanaya Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Jeanne Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi

RECOMMENDED