GISELe

2021/06/16

透き通るような美肌のレシピ|モデル・千國めぐみさんの「専門的角度」なスキンケア

GISELe編集部

ナチュラルをつくるコスメ


C:「内側からも整える」
体の外側からだけでなく内側からも多角的にとらえていくことが、美肌に導く一手。すこやかな肌をめざし、学んだ末に行き着いた、彼女のインナービューティを選りすぐってご紹介。


「薬に頼らずサプリで整える」

「感情のアップダウンや体の不安定さなど、ゆるぎがちな女性のリズムを整えてくれる。夜寝る前に2錠飲んでいます」
オーガニックインディア シャタバリ 植物性カプセル90粒/本人私物 


「漢方で血から肌をキレイに」

「水分代謝を高め、むくみを改善しつつ、血行も促し、冷え性にも効く漢方。“血が健康でなければ美肌はつくれない”が私のモットー」
クラシエ当帰芍薬散錠 180錠 3,300円/クラシエ薬品 


「おいしく食べてむくみを解消」

「甘いものだとむくんでしまうので、おいしい、かつ罪悪感のないおやつを探していたときに出会った一品。豆類を手軽に食べられます」
ミーノ そら豆 しお味 オープン価格/カルビー 


「肌荒れがぐっと減る」

「皮脂バランスを調整し、肌荒れする率もぐっと減少しました。オレンジ味で飲みやすい」
カリフォルニアゴールドニュートリション リポソームビタミンC 1000mg 30包 1箱/本人私物 


PLANS
スキンケアはひじまでしっかり

職業柄ワンシーズン先の服を着用するなど、薄着の服を着ることが多い。だからこそ、ちらりと見えるひじまで入念にケアします。「セラミド原液」は少量でも乾燥しづらいので、肌同様、ひじにも丁寧に塗り込んでいます。

CREDIT: Photography_Yuki Ueda Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya, Yuko Igarashi