GISELe

2021/08/22

黒好きにおすすめのブラウンは「できるだけ暗くひかえめな柄」

GISELe編集部

夏に向く「黒とブラウン系」


ITEM_06.
【ストライプのワンピース】


共布ベルトつきワンピース 31,900円/TICCA 

☑黒×ピンクの縦縞でIラインを強化。
黒のラインによる縦長効果も期待できる、しとやかな設計でストライプもエレガント。「秋色でノースリ」だから、暑い日は一枚で、秋めいてきたら羽織りと合わせて、臨機応変にコーディネート。



ITEM_07.
【ナチュラル素材のバッグ】

ストラップつきバッグ 10,900円/バナナ・リパブリック 

☑ドライな風合いで都会的に。
柄MIXにフリンジ風のあしらいと、退屈しないウィットに富んだデザインながら、定番の3色だから合わせやすさでも優秀。



ITEM_08.
【チェックボーダーのトップス】

チェックボーダーニット 25,300円/CURRENTAGE(マルティニークルコント ルミネ有楽町) 

☑季節をまたぐ「ニットでノースリ」
形は夏、素材は秋の二面性を持つトップスがコーディネートの橋渡しに。モノトーンだとくっきりしすぎてしまうチェックも、ブラウンが入ることでやわらかい印象に落ち着く。
くびれを生かした形で女性らしさもUP。


ITEM_09.
【バイカラーのスカーフ】

スカーフ 24,200円/JOHN SMEDLEY(リーミルズ エージェンシー) 

☑抜けと締め役を兼任。
ベージュ×黒のモダンなバイカラーに、パリシックな甘さが漂う。バッグに結びつけたり、デニムの後ろポケットにINしたり。身につける以外の活用法で、手軽にムードを加算できる。



ITEM_10.
【格子柄のパンツ】

プリント格子柄パンツ 21,780円/フラデリ 

☑Tシャツにも合うウエストゴム。
トラッドな柄パンツはウエストゴムの気張らない仕様で取り入れて、Tシャツスタイルに秋を予感させるラクなボトムのひとつに。黒・茶系・白がまざったような細かな千鳥格子が、いつものトップスに知性を演出。

➤Read More
品のいいブラウンに、冷静な黒。軽やかな装いにあえて、濃厚な配色というレパートリーの実例集。

>>【黒とブラウン】|手がたい配色が「より良く変わる」5つのルール
CREDIT: Photography_Yuuki Igarashi(TRON・model), Koichi Sakata(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Alisa Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Text_Riho Nawa Composition_Mika Shirahige

RECOMMENDED