GISELe

2021/07/21

【部分ケア】|スペシャリストが「効果アリ」を実感したNO.1コスメ

GISELe編集部

「パーツを磨く時間」


3.【背中】
後ろ姿で語る美しさ

着るだけで女っぽさを演出できる、ざっくりと開いた装いに見合う背中。ふだんふれることが少ないパーツだけに、手をかけたぶんだけ結果がついてくる。


▼Croll & Denecke

「たくさん汗をかいた日専用」
クロール&デネッケ コットン バックストラップ/本人私物 「いつもはこする洗い方をしないのですが、夏場の蒸れた日や汚れが気になるときに使っています。コットン部分でキメ細かい泡を十分につくり、やさしくスライドすると全体がしっかり洗えてすっきり」(JUNNAさん)


▼THREE

「スクラブとバスソルトの二役」
フルボディトリートメント&バスソルト レモン 3,080円(40g×7袋)/THREE 「背中の開いた服を着る前日に使うスクラブ。ざらついている部分につけてマッサージをし、そのまま洗い流さず湯船へ。柑橘系の香りでいやされエステ気分を味わえます。小袋だから衛生的なのもいい」(JUNNAさん)


▼WELEDA

「タオルドライの前にひと塗り」
アルニカ マッサージオイル 100mL 2,860円/ヴェレダ・ジャパン 「血行促進と保湿ができるボディオイル。入浴後の温まった体&体中に水分がついているうちにたっぷりこのオイルを塗布。その後、タオルでふくとしっとりとしたさわり心地が続くので、毎日病みつきになっています」(曽根加南子さん/フリーランスPR)


▼Croll & Denecke

「むっちりとした泡がたつ」
クロール&デネッケ 海綿 ボディー用M 4,620円/ブランシェ・アソシエ 「弾力がありながらも、ぬれるとやわらかくなるスポンジで敏感肌にも安心。よく泡立ててから泡だけ手にとり体に塗るように洗います。海綿のアミノ酸成分がメラニンなどの黒ずんだ角質をとり除く効果も発揮」(JUNNAさん)


 AND MORE 
・クリーム状の泡でゴシゴシこすらず包むように洗う(JUNNAさん)
・スポンジ洗いは週に2度。それ以外は手でやさしく(曽根さん)

CREDIT: Photography_Yoshihito Ishizawa Design_Shogo Tamura(Ma-hGra) Composition&Text_Yuko Igarashi