GISELe

2021/09/22

「適当に着る」正統派のシャツ:知っておきたい3つの傾向

GISELe編集部

思いつきは「シャツ・ブラウスに託す」

秋の始まりらしい気分の移ろいは、上品さを保てるシャツ&ブラウスからスタート。とはいえ去年と同じではつまらない。正統派シャツに「今」の気分を上乗せするための選び方とアレンジ法をナビゲート。


 TOPIC 01 
(新たに新調するなら)
甘い色でメンズ的シャツ

正統派のお堅いシャツはビッグシルエットでカジュアルに投入。リラックスした形を生かせばカラーシャツも力みなくとり入れやすい。おすすめは穏やかなイメージづくりに適した暖色系。



STYLE 01. 
「ハリのあるシャープなブラウン」

濃色ブラウンと淡いピンク。
配色でヴィンテージライクに


メンズライクなシルエットで肩のラインが落ちるため、深色のまじめなシャツに隙が生まれる。奥行きをつくる色&サイズ感で、細身パンツをいっそうきゃしゃ見せ。ブラウンシャツ 31,900円/ATON(ATON AOYAMA) ピンクベージュストレッチサテンパンツ 18,700円/ウィムガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) サングラス 19,800円/A.D.S.R(4K) レザートートバッグ 36,300円/MODERN WEAVING(ショールーム セッション) 



STYLE 2.
「甘さをおさえるストライプ柄」

黒の迫力を緩和する
BIGサイズのペールピンク


ブーツの出番が多くなる季節、下に向け重みが増すため、淡い色が今一度必要に。細いストライプをほどこした、辛口なピンクシャツなら、フレアスカートとの糖度の高い合わせもほどよく整う。ピンクストライプシャツ 19,800円/エトレトウキョウ 黒ドレープスカート 53,900円/ATON(ATON AOYAMA) 白×ピンクショッピングバッグ 2,530円/SEA(エスストア) 黒ミドルブーツ 29,700円/F by EWLLFIT(ダイアナ 銀座本店) 

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED