GISELe

2021/10/04

着回せる「カラパン」の新色丨明日どう着る?【VOL.17】

GISELe編集部

白とベージュで「見えてくる」

質感の幅が広がり、秋からもいっそう盛り上がりを見せる白とベージュ。その2色だけで着回しながら新しさに出会っていく短期連載企画。【VOL.10】から2色に加えたい、選りすぐりの「もう1色」のとり入れ方を毎日更新してお届けしています。


【VOL.17】
穏やかに引き締める「バーガンディ」

白とかけ合わせても、赤よりコントラストが強くならず女らしさも薫るちょうどいい新色=バーガンディ。使いやすいのはブラウンに寄せたダークな色み。

長いベージュに装飾のない白Tで
パンツ以外はリラックス


ワンピースなど長めなトップスのすそから覗かせる使い方にもちょうどいい、ベーシックカラーと合わせても悪目立ちしないバーガンディのパンツ。細身のシルエットながら、ももには適度なゆとりをつくるタック入り。

【着回した服の詳細】A+C+f
バーガンディテーパードパンツ 15,400円/スピック&スパン(スピック&スパン ルミネ有楽町店) 白ロングスリーブTシャツ 17,600円/THE NEWHOUSE(アーク インク) パンプス 27,500 円/TSURU by Mariko Oikawa アイボリーニットベスト 16,000円/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店)バッグ 40,700円/VASIC(ヴァジックジャパン)

✓秋服の着回しをもっと見る
CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED