GISELe

2021/10/26

白スウェットだからできる「ムダのない3つの飾り方」

GISELe編集部

減らすと増える仕組み

「服と服のつながり」で選ばれた適量のワードローブなら、愛着も行き届き、組み合わせるごとに「好き」が増す。服の数より、アイディアの数をまとうように。繰り返すたびに発見のある着回しプランを毎日お届け中!

≫「服と服とのつながり」ワードローブを見る



【VOL.13】
1枚の白を手早くミニマムに飾る

耳元やネックラインを飾るものなど。顔に近い位置の変化でてっとり早くレベルアップ。使い勝手のいい白スウェットと、3つの気分をかけ合わせた組み合わせレシピを公開。

【着回す白トップス】

白スエット 26,400円/ATON(ATON AOYAMA)



【CLASSIC】
PEARL COLLAR 

「白スエットに一体化させてパールえり」

色を合わせてスウェットをドレスアップ

白スウェットとトーンをそろえてバランスよく。繊細に形成された贅沢なつけえりは、ニットやウールなど、冬素材のトップスにこそ映えるみずみずしさ。 ●
パールつけえり 14,300円/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) 



【MODE】
BUCKET HAT 

ふんわりとしたシャギー素材のハット

旬を語るバケットハットこそ冷静な黒で投入。ざらっとしたニュアンスのあるバケットハットはプレーンなスエットと好相性。ストリートに傾きすぎないようにさらっと加えた赤リップも、顔まわりを飾るための欠かせないワンポイントに。 ●
シャギーハット 17,600円/ロンハーマン



【SWEET】
RIBBON SHIRT

リボンつきシャツもブラウンなら

スエットだからこなれて見えるクラシカルなネックライン。白ニットからのぞかせるぐらいだとやや無難。オーバーサイズのスエットからリボンを小さく効かせれば、丁寧なカジュアルを印象づけられる。白とブラウンのまろやかな配色で好感度も高く。 ●ブラウンシャツ 37,400円/マディソンブルー(エストネーション)


≫新着の小物をもっと見る

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED