GISELe

2021/11/20

1枚2役の「コートINアウター」:コートを着る日も着ない日も使えるメリット

GISELe編集部

2つの意味で「ミドルなコート」

何かと使えるハイブリッドなアウター

①ショートより長く、ロングよりはやや短い丈で②コートまでいかない程度の軽量感のある厚み。この2つの「どっちつかず」だからアウターとしても、またコートの中の羽織りとしても使えるタイプをピックアップ。気温に応じたレイヤードもしやすく、コート以上に着方の違いを楽しめる。一辺倒に陥りがちなこれからのアウター姿にも変化がつく、狙い目タイプを着回しコーディネート実例でご紹介。

≫【前回】コートの丈は「半端な方がいい理由」を見る


1.SHIRT JACKET 
【シャツとコートの間のジャケット】

密度の高いメルトンウールでしっかりと厚みを持たせることで保温性がアップ。きちんと見せたい日のアウターがわりにも、丈と起毛感を生かした、ルーズなトップスとしてもアレンジが可能。

▼NOW

ジャケットよりも気楽な
厚みシャツで白の緊張を緩和

ネイビーメルトンシャツ 83,600円/ebure(ebure GINZA SIX店) タートルトップス 25,300円/SLOANE 白ワイドパンツ 29,700円/アストラット(アストラット 新宿店) ブーツ 40,700円/TSURU by Mariko Oikawa 力みを感じさせないネイビーもやわらかな見た目に一役。


▼NEXT

ロングコートをひっかければ
真冬でもじゅうぶん活躍


ネイビーシャツは着まわし。キャメルツイードリバーコート 57,200円/クラネ(クラネデザイン) 黒レザースカート 71,500円/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 黒ブーツ 31,900円/TSURU by Mariko Oikawa 辛口な黒レザーのスカートでシャツのほっこり感を解消。




2.TWEED JACKET 
【カーデにもはおりとしても】

テーラードジャケットよりも女らしい、ツイードのクラシックな雰囲気。見慣れた黒に鮮度をもたらし、スタイリングには品格と深みを加算。

▼NOW

ボウタイとセットで
強気な柄の派手さを中和


黒ツイードジャケット 64,900円/イレーヴ 白ボウタイブラウス 13,970円/#Newans レオパード柄スカート 18,700円/スピック&スパン(スピック&スパン ルミネ有楽町店) 黒ロングブーツ 33,000円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) モノトーンメインなら古くささもなし。



▼NEXT

ニットにレザーにツイード。
質感の差で黒を一新

黒ツイードジャケットは着まわし。ベージュスリットリバーコート 55,000円/イウエン マトフ(イウエン マトフ 横浜店) 黒タートルニット 25,300円/SLOANE 黒レザーパンツ 24,200円/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) キャメルパンプス 52,800円/ペリーコ(アマン)

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED