GISELe

2021/11/25

強くない「キレイでやさしい黒1色」:ポイントはニットとニットの組み合わせ

GISELe編集部

ニットとニットでコーディネート

バランスよく仕上がる
「ニットとニット」のコーディネート

ニットの種類も豊富な今季。ニットらしいニット、あるいはニットっぽくないニットなど、ニットどうしの組み合わせでレパートリーを構築するのも一手。ニットONニットのワードローブでご紹介した、5つのコーディネートを分解して組み換え、ニットどうしの組み合わせパターンがますます広がる着回し方をご紹介。


≫着回すニットのワードローブを見る

「ニットどうしの組み合わせが上手くいく」組み合わせに当てはめて選ばれた、着回せるニットのワードローブ。


ーVOL.2ー
緊張感なくALL黒】


フォギーな質感でつつみ込めば
全部黒で統一してもやさしげ

タートル&フレアスカートを合わせたレディな黒ワントーンに、ロングカーディガンで「いいゆるみ」を追加。あたたかみのある風合いがまざることで、配色はストイックでも自然と抜けが生まれる。ロングカーディガン&長めスカートには、ヒール高めの靴で重心を上げて見せスタイルよく。

≫【着回したアイテム】A + G
A:黒ラクーンロングカーディガン 50,600円/ロンハーマン G:黒タートルリブニット 17,600円/FLOML

黒スカート 53,900円/ATON(ATON AOYAMA) 黒バッグ 24,200円/ラストフレーム(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) 黒ブーツ 35,200円/CORSO ROMA,9(エリオポール代官山)


≫ニットどうしのコーディネートをもっと見る

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED