ダイアナ妃・ヘプバーンetc…「あの人が使っていた」フレグランス4選

全ての画像を見る

リラックス効果、印象操作、記憶への回帰。ときには自信をもたらす香水の魔法。人物像さえ形成することもある香りを「目に見えない装飾」ととらえ、服やアクセサリーを手にとるように理想の姿をイメージした選択を。

【あの人が使っていた香り】


歴史上の人物、テレビや映画で見た有名人。そんな彼らの愛用香水から見える、生き方や美意識。エピソードとともにご紹介。

001.

「16世紀に誕生した王妃の水」


アックア・デッラ・レジーナ 50mL 11,770円/サンタ・マリア・ノヴェッラ銀座 カテリーナ・ディ・メディチがアンリ2世に嫁ぐ際に、調合されたオーデコロン。

002.

「オードリー・ヘップバーンが愛した名香」


ランテルディ オーデパルファム 80mL 15,730円(2月1日より新価格)/パルファム ジバンシイ(LVMHフレグランスブランズ) 「お気に入りの香水だから私以外は使ってはダメ」とオードリーが発言したことから名づけられた禁止という意味の“ランテルディ”。