髪の透明感に大きく差が出る「洗髪後の2つの習慣」毛髪診断士も続けているケアの秘策

全ての画像を見る

TIPS-1

ドライヤーはなりたい仕上がりによって使い分け


どれも一緒でしょ?と思いきや「ドライヤーでかなり髪質が変わります」。そのため毎日同じドライヤーは使わず予定に合わせてチェンジ。いつも以上にツヤを出したいときは“パナソニック ビューティ”、ボリュームアップしたいときは“リファ” 、とにかく早く乾かしたいときは“ダイソン”。

一緒に使用するブラシは頭皮マッサージを兼ねるやわらかいものが必須。“ダイソン”(写真右の左)は自宅用、“Wet” (写真右の右)は持ち運び用として使用しています。



TIPS-2

かぶるだけでツヤもまとまりも


髪が長いと絡まりやすく、とくに睡眠時は寝返りによる摩擦がつきものなので注意が必要。そのためシルク100%のナイトキャップをかぶっています。シルクは静電気が起こりにくく保湿力があり、寝ている間にケアできるのでオススメです。



【洗髪前の習慣にすべきこと】
「髪をぬらす前」にブラッシング


髪を洗うときは最初の流しでしっかり汚れを落とすために、ブラシで表面のゴミやひっかかりをとること。その後、3分ほど予洗いをすることが大切。このときお湯が熱すぎると乾燥しやすいので注意してください。(Shucoさん)




≫「女性は血流が滞りやすいから」頭皮マッサージでのぞめる「根本解決」3つの効果