「つま先で分かる」 どんなボトムにも合うショートブーツ【3選】 探す手間なく選べる美形な黒

欠かせないショートブーツだから、最短ルートで理想の1足に出会いたい。惹かれる「色」、服に好都合な「形」、やぼったく見えないヒールやソールの「幅」。3つの基準をパスした精鋭が集結。 ※( )内の数字はヒールの高さで、単位はcmです。

(関連記事)
≫【全22選】着たい服も見えてくる「ブーツありき」のコーディネート実例集



【ショートブーツ選びの3箇条】


1.想像しやすい=「色から入る」
与える印象が最も大きく、スタイリングの方向性をも左右する“色”をまずは決めることで、服と合わせたときの「しっくりこない」も防げる。

2.整え方が変わる=「つま先を見る」
キレを生むのか、エッジを効かせるのか、重みを足すのか。ボトムとのバランス調整に重要なつま先の形を見定めることで、活躍の場が拡大。

3.細い脚線を促す=「細めの横幅」
どんな服を着るときもスタイルアップは譲れない。足幅の狭いデザインなら、ヒールの有無や高さを問わずすっきりした見た目に導いてくれる。


万能な黒は「つま先でわかる」ヒール太めのスクエアトゥ

合わせるものを選ばない、対応力の高さで1足は持っておきたい黒のスクエアトゥ。ポイントは「つま先の幅」。その幅が広すぎず・狭すぎない、そしてブーツ全体は細長く、ヒールは安定感のあるチャンキーヒールを。


【美脚を促すほっそり伸びたトゥ

ストレッチブーツ(6) 37,400円/ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店) ソール同様の曲線を描くようにほどこされたサイドステッチがプレーンな黒にキレを生み、脚をすっきり細く見せる。



≫【3選】「美形な黒だけ」探す手間なく選べるショートブーツをすべて見る