「週に1度の華やぐ柄」着なれた服とのコーディネート図鑑【34選】

全ての画像を見る

季節は夏へ。着慣れた服の気分を変えて、装うことへのモチベーションも上げてくれる柄アイテムを総まとめ。これまでGISELeで提案した柄の着方から読みとる、選びや組み合わせの正解とは? 柄を上手に着るために、またこれから着たい柄探しに。見返して役立つコーディネートを総まとめ。

(柄を着る日にもマッチする足元)
≫「かかとが浮かない」キレイなつっかけ【8選】ヒールでも疲れずスタイルアップできる設計

001

デニムを高めるモノトーンの花柄


黒をベースにした甘さひかえめの花柄で、デニムを大人のヴィンテージスタイルへと格上げ。ブラウスやワンピースのとろみのある質感で取り入れて、やわらかい雰囲気を維持。

002

街に合うカラフルな花柄


陽気にまといたいカラフルなフラワープリントは、なつかしくあせたようなヴィンテージ風の色みやパターンを選択。きちんとしたシャツ、あるときはTシャツ&サンダルで着くずしたりと、まずは「仕上げたいイメージに沿った白」を合わせて軽快に装って。

003

トップスはシンプルに。 もの足りないくらいでちょうどいい


黒ベースの細かいドット柄。柄が主張しすぎないことでガーリーに偏らず、ワントーンのアクセントにも適役。

004

派手な甘さはバッグで


甘さを気軽にとり入れたいなら、服よりも面積の狭い小物くらいにしぼるのも手。ちょっと手抜きに見えそうな、カジュアルな着こなしにこそ加えてドレスアップを図りたい。

005

旬の色をまとったボーダー


好感度の高いボーダーで旬の色を投入。グリーン系をはじめ、イエローやブルーの旬色が多彩。カラバリの広がりというより、ベージュがかったイエローや青空のような鮮やかなブルーなど、「ニュアンスの違う色み」に注目。

006

白Tをそれなり以上に見せるキャッチィな花柄を主役に


動きを制限しない、ストレスフリーなとろみパンツこそ、カラフルな柄がお似合い。コントラストの強い柄なら、ゆるい形でもすっきりとした印象。ふれるだけで満たされる気持ちいいストールも相棒に。

MORE VARIATION
≫「週に1度の華やぐ柄」コーディネートをすべて見る