GISELe

BACK NUMBER

2019年04月号 vol.4

「服と服のつながり」

2019年2月28日
本体価格:本体価格:720円

定期購読はこちら

目次

RESTYLE!
▶新たなカジュアル好きへ

すべてがある色の安心感を頼りに
▶「感度が高まる黒」

使うう白はだいたい決まっているから
▶持ち味がある「この白」をねらう

カッコよさを頼りにして
▶「マニッシュではないモノトーン」

長所が直球で生きる選択を
▶「○○感ある」けだるいベージュ

シンプル好きは「2色」が心地いい
▶「白+ベージュ」でとり入れたいこと

どうせならベージュの仲間色も
▶「まじめな人のオーガニックカラーな休日」

旬だけではない付加価値がある
▶しぼった中で見つける色

主張とまではいかない華やぎ
▶ミーハー気分は「耳元に」

個性もほどよいバランスに
▶「ひかえめに合う」自分目線の靴選び

シンプルと正反対のはつらつさ
▶「出かけたくなる柄」

その時々で着方が変わる?
▶「ベーシックのポテンシャル」

パンツは「中間」が選択基準
▶心地よく「脚伸びする」ハイウエスト

得するバランスの合言葉
▶形のベースは「短く・長く」

上と下を「つなぐもの」で差を出す
▶「間を飾るベルト」が必要

スタイルをつくっていく価値のある服
▶「ジャケットありき」の新パターン

1枚でも・インナーづかいでもさまになる
▶週3トップス「ニット」のリニューアル

カジュアルな人こそ「きちんとはく」
▶「デニムをしっかりさせる」方法

「っぽい」は不要の振り切りがいい
▶キレイに着る「思いきってラフなパンツ」

1つでほどよさが手に入る?
▶「きちんとしすぎない」バッグにゆだねる

糖度をおさえたカッコよさ
▶「かわいい」の楽しみ方

デイリーにも特別な色を
▶「赤をもっと日常に」

イエローが赤に並ぶ?
▶「ヴィンテージ好きのイエロー」

色のように効かせる柄
▶「ストライプの正解」

意外と簡単にうまくいく
▶「柄リンクのワントーン」

これまでのイメージを一新!
▶「力を抜いて」セットアップ

1枚系ぐらいパッと見で
▶「強気にワンピース」

多彩なテイストを組み込める
▶「ゆったりフレア」なスカートを

目のつけどころを変えてみる
▶「見慣れたもので何が違う?」

メイクも落ち着く色の中で幅を
▶「ブラウン系から抜け出せない」



I find it!
I want it!
GISELe CHANNEL
蛭子シネマンガ劇場
Fortune Tarot
プレゼント& アンケート
この号の撮影協力店リスト
GISELe 5月号予告


COVER STAFF
Photography_Masashi Ikuta(hannah)
Styling_Kaori Higuchi(KIND)
Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair)
Model_Dee
Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra)
LOGO Design_Masayuki Suzaki(Ma-hGra)


One-piece/AJAIE ALAIE(JOURNAL STANDARD
OMOTESANDO)Bangle/UNCOMMON MATTERS
(TOMORROWLAND)