GISELe

BACK NUMBER

2019年04月号 vol.04

相性が選ぶ

2020年2月28日
本体価格:740

定期購読はこちら

目次

◆ROLEPLAYING! 「相性が選ぶ」

見た目から入るこれからの方向性
「新たな組み合わせの相性」

ベーシックな新色という概念
ベージュと白の間をとる

「そもそもいい」の中で見つける自分らしさ
白とベージュの「さらにいい関係」

甘い色を美しく・きちんと着る
ベージュには「ヴィンテージカラーが似合う」

穏やかで品性のある「ほぼワントーン」
ベージュとその仲間内だけで

愛すべき黒専用のワードローブ計画
「何でもできるし・どこまでもいける」

バランスのいい人=「縦の流れ」
パンツの底上げ=美しさ+やわらかさ

万能だけどありきたりでもない
黒とブラウンで欲しい靴

着ていくことでキレイになっていく服
「シャツは得する相談相手」

甘さ上手な人は形が違う
「好都合なXライン」はトップス1つ

「さりげない」の使い方とは?
シンプルを「そのまま」で止めない

相性は「使いどころ」にある
いちばんよかった「あの赤」を

ピンポイントな相性は数を知る
「試しがいのある」30のコラボレーション

見た目+活用頻度で選ばれた足元
「サンダルの今」「ローファーの進化」「パンプスの回帰」

落ち着いて見せたい華麗な色
「淡い色ほど重く着る」

お互いを「見心地よく」高め合う
ジャケット+ワンピースの相乗効果

ありたい姿とのギャップを狭める
「きちんと・ちゃんと」1STリネン

もの足りなさを静かに埋めてくれる
アクセサリーは「ゆるく・ゆれるもの」

ときには手間をかける楽しさも必要
「シンプル好きのヴィンテージ」

どんなときにも持ちたくなる
「身近な名品」バッグ

偏りのないバランス感覚を持つ
強気にナチュラルメイク

いい部分だけしか見せないトップス
「ハンパな長さで長いつきあい」

NEXT COLOR CODE
「やさしい色は落ち着く服で」

スタイリストによる店頭さながらのアドバイス
欲しい「手数」・「手頃」な実力派

シンプルすぎていいこと
足しもせず・引きもしない

「大人の解釈でロマンティック」

数より使い方の多さを重視する
ブラウン= 才色兼備の少数精鋭

少しだけおめかししたいとき
シンプルが目覚めるスカート

重みがあるとうまくいく服が多いから
まだまだブーツ

大人が自信を持ってのせられる色
「高貴に色づくピンクの効能」

「組み合わせを組みかえる」隠された裏ステージ
相性のよさ+つながり