GISELe

2019/04/13

モノを変えて新しく|「モノトーン」という愛すべきワンパターンをアップデート

GISELe編集部

「モノトーンで新ワンパターン」

たとえばフォルムで新鮮さを出したり、配色の比率を変えてみたり、あるいはシーズン先取りのアイテムを投入してみたり。落ち着く2色=黒と白の色はそのままに、モノを変えて新しく。モノトーンという愛すべきワンパターンをアップデート。


BLACK and WHITE 01
「色のメリハリをいいことに」

配色次第では、甘くなったり、カジュアルになりすぎたりすることもあるスタイリング。コントラストが強く、モード感のある「モノトーンだからこそできること」にこだわりたい。


「黒ありき」だからできる。あえて今ミニという選択

ロングTシャツ 11,000円+税/FLORENT ミニスカート 8,300円+税/Lily Brown サングラス 26,000円+税/Ray-Ban(ルックスオティカジャパン) 気分転換に直結するのは「丈」の変化。黒のロングTシャツからスパイシーな柄のミニスカートをわずかにのぞかせた、無造作な着こなしから始めたい。


CONSERVATIVE | あらためてコンサバ
シャツとサーキュラースカートのコンサバスタイル。モノトーンを味方につければ強さが加わる。しばらく遠ざかっていた「あたりまえの組み合わせ」が、黒と白の力で、今あらためて新鮮。

小物で飾らずストイックに。不完全なバランスが今の気分

シャツ 19,000円+税/FLORENT スカート 29,000円+税、ミュール 25,000円+税/ともにENFOLD 色や柄、アクセサリーで飾らないあえてのそっけなさは、今の気分でもあり、配色のコントラストをきわ立たせて、コンサバ感を上回るモード感を出すためでもあり。すべてを完璧にまとめたら"ただのコンサバ"でつまらない。引き算のテクニックでそぎ落とし、ちょっと手抜きに見えるような不完全なバランスをねらって。


SHORT PANTS | 思いきってショーパン
着てみたい服は、まず黒でトライするのがてっとり早い。すべてが大人でねらいどおりに決まるから。今なら断然、ショートパンツ。「やんちゃ」もモノトーンなら許される。

ショーパンでも大人を保てるセットアップが正解

テーラードジャケット 17,000円+税、ショートパンツ 12,000円+税/ともにAKTE Tシャツ 11,000円+税/ボニー ヤング(ロンハーマン) 眼鏡 32,000円+税/BJ CLASSIC COLLECTION(Eye’s Press) ソックス 1,800円+税/CHICSTOCKS(ノーデザイン) ローファー 36,000円+税/REGAL(リーガルコーポレーション) ジャケット&パンツはしなやかなツイル素材。キレイめを選んで、ほかでカジュアルダウンを。


LAZY&LOOSE | ルーズにラクする
着ていてラクなシルエットと素材づかい。ルーズなのにスッキリとキレイに見せられるのも、モノトーンが生むメリハリのおかげ。「黒多め・白少し」のバランスをキープして。

重めな黒とやわらかな白で、素材のコントラストも強く

ワンピース 28,000円+税/RIM.ARK(バロックジャパンリミテッド) リブニットパンツ 19,000円+税/ELIN(クルーズ) シュシュ 16,000円+税/ソフィーブハイ(ロンハーマン) サンダル 16,000円+税/オデットエオディール(オデットエオディール新宿店) ほどよくハリがある肉厚な生地感に、そでのひじ下だけカットソーに切り替わったワンピース。レースのようにデリケートな透け感のあるリブニットパンツを重ねて抑揚を。

CREDIT: Photography_Fumi Kikuchi(impress+) Styling_Kaori Higuchi(KIND)  Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Naty Design_Yuko Shiga(Ma-hGra)  Text_Yuko Takizawa Composition_Chiharu Ando

RECOMMENDED