GISELe

2019/04/07

好感度の高い「黒、ベージュ、白 」|ハズれない組み合わせだから広がる可能性

GISELe編集部

黒もベージュも「白があるから」都合がいい | 「3色の中で」できること

端正な黒、やわらかなベージュ。そして、そんな2色を引き立ててくれるクリーンな白。どう組み合わせてもハズれなく、安心感があるから冒険できる。そんな好感度の高い3色の中で広がる可能性を考察。


PART 1 | 「それぞれの持ち味」が生きる服

白ならではの清潔感、女らしいベージュ、きちんと見える黒など。まずはそれぞれの色の特徴を生かしたアイテムを厳選。


[A]T-SHIRT
「どんなものでも似合ってしまう」

7,200円+税/CN by CLEANA(ブランドニュース) 1枚はもちろん、インナーとしてもプラスの効果をもたらしてくれる、シンプルなTシャツ。使い勝手のいい適度なゆとりと薄さがポイント。


[B] LONG SHIRT
「それとなくまじめぶれる」

17,000円+税/ジャーナルスタンダードニュウ(ジャーナルスタンダード自由が丘店) あらゆるものを包み込む、気楽なシルエット。端正なえりつきシャツなら、ゆるいフォルムでもだらしなく見えない。


[C] DENIM PANTS
「デニムなのにラフすぎない」

15,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 洗練されたイメージを頼りに、着慣れたデニムを白に変更。ラフさや手抜きっぽさが軽減されて、キレイめなスタイルにも合わせやすく。


[D] ONE-PIECE
「はおりとしても使える」

40,000円+税/オーラリー(デミルクスビームス新宿) ベージュのエレガントさが生きる、スタンドカラー&キャップスリーブ。ボタンを全部開ければ、ジレにもなり、着こなしのアクセントとしても活躍。


[E] LINEN PANTS
「涼しげなワイド」

13,800円+税/UNITED TOKYO(ユナイテッドトウキョウ 新丸ビル店) ベージュならではのやさしい色みが引き立つ、やわらかなリネンの風合い。シルエットのラクさを隠せるセンタープレス入り。


[F] V-NECK CARDIGAN
「抜け感のある女らしさ」

8,500円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) タイトすぎず、ゆるすぎずの細身のシルエットなら、トップス感覚で1枚でも着やすい。薄手ならちょっとしたはおりやアクセントとしても使える。


[G] FLARED SKIRT
「スカートだけど甘すぎない」

(ペチコートつき)27,000円+税/ロンハーマン これからの時期にはきたい、涼しげなフレアスカート。甘く転びがちな形だからこそ、シャープな黒でとり入れたいところ。サイドにはスリット入り。


[H] CHIFFON BLOUSE
「ちょうどいい透けぐあい」

4,980円+税/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) シワ加工の上から、さらにプリーツ加工をほどこした立体感にこだわった1枚。ほんのりと透ける肌によって、気になる黒の重たさを軽減。


[I] SLEEVELESS ONE-PIECE
「シャープさが引き立つIライン」

7,900円+税/N.O.R.C ボトムを重ねれば、長め丈のカットソーとしても着られるシンプルなノースリーブのワンピース。すっきりとした黒とIラインのシルエットが相まって、まとうだけで自然と細見え。

CREDIT: Photography_Daisuke Tsuchiyama(TRON・model), Koichi Sakata(still) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Aoi Nagasawa Model_Eva Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi